アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 映画 > 「映画をとおして難民問題を考える」ヒューマン・シネマ・フェスティバル開催!

アートニュース

映画

「映画をとおして難民問題を考える」ヒューマン・シネマ・フェスティバル開催!

発信日:2013年10月01日(火)  発信者:特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

『そのひとときの自由』

『そのひとときの自由』

『ル・アーヴルの靴みがき』

『ル・アーヴルの靴みがき』

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会では10月5日(土)、6日(日)の2日間、全国30か所にて、難民問題について考えていただくことを目的とした入場無料のチャリティ映画上映会「ヒューマン・シネマ・フェスティバル2013 supported by AEON」を開催します。

■上映作品

『ル・アーヴルの靴みがき』 監督:アキ・カウリスマキ (2011年製作/93分/字幕スーパー版)
2011年、カンヌ国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞
北フランスの港町、ル・アーヴル。靴みがきのマルセルの前に、ある日アフリカから漂着した難民の少年が現れた。強制送還の危機から少年を救うため、奮闘する人々の姿を、温かみをもって描いた作品。

『そのひとときの自由』 監督:アラシュ・T・リアヒ (2008年製作/110分/字幕スーパー版)
2008年、モントリオール国際映画祭 金賞受賞
親子、友人同士の男性等、3組のイラン難民の冒険譚。彼らは無事に国境を越えたがトルコで足止めを喰らってしまう。難民が直面する数々の問題を、映像をもって知ることが出来る作品。

■「ヒューマン・シネマ・フェスティバル supported by AEON」とは
国連UNHCR協会が主催する本フェスティバルでは、難民問題を取り上げた映画作品を「イオン1%クラブ」の協力を得てイオンエンターテイメント株式会社の劇場で無料上映いたします。2011年より始まった本フェスティバルは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所主催の「UNHCR難民映画祭」と連動し、特に高評価な作品を全国規模で上映いたします。

■ご予約方法
当日の入場には事前予約が必要です。
本ホームページの『オンライン予約 申し込み受付中』をクリックしてご予約できます。
※ヒューマン・シネマ・フェスティバルHP⇒ http://humancinemafestival.org/

■リリース問合先
ヒューマン・シネマ・フェスティバル専用ダイヤル(0120-230-732)

カテゴリー:映画

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ