アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 文化活動 > 【OYE! Vol.01】hyslom展覧会『Big-one—パイプ』

アートニュース

文化活動

【OYE! Vol.01】hyslom展覧会『Big-one—パイプ』

発信日:2013年03月08日(金)  発信者:hanare

hyslom「Big one -パイプ- / Documentation of Hysteresis」 第6回AACサウンドパフォーマンス道場本公演 提供:愛知芸術文化センター/撮影:加藤光
hyslom「Big one -パイプ- / Documentation of Hysteresis」
第6回AACサウンドパフォーマンス道場本公演
提供:愛知芸術文化センター/撮影:加藤光

OYE! Vol.01  hyslomプロジェクト『◯◯さんへ覚え書き』
展覧会『Big-one—パイプ』
2013年3月14日(木)—3月24日(日)
12:00-20:00
@Social Kitchen

この度、Social Kitchenを運営するhanareは、アーティストグループ・hyslom(加藤至・星野文紀・吉田祐)展覧会を企画・実施します。
本展示では、長さ4.8m、直径1.5mの円柱に無数のバネを付けた巨大楽器彫刻を展示します。
hyslomはこれまで、新しく都市開発が進む場所のように、自然と人工物が交差し、ある劇的な変化が起こりつつあるフィールドを定期的に訪れ、人間の手によって刻々と形態を変えていく自然や、驚くべきスピードで作り出されていく人工物、そして開発以前からその場所と何らかの関係を持つ先人達達との遭遇体験を自らの身体運動に転化することで、記憶/記録してきました。
hyslomの作品の素晴らしさは、3年以上の時間をかけて定期的に通い出会ってきた「あの場所とモノたち、そこに関わる人たち」への配慮と惜しみない愛情が活動の根幹にありながら、最終的に私たち鑑賞者の前に現れる彼らの作品は、絶対的にどこまでも自由な表現の結果である、という事実です。文化人類学者を思わせる丁寧なフィールドワークと、最終的に作品として立ち現れる表現の間にある「ギャップ」もしくは大きな飛躍こそが、時に見るものを困惑させ、またより深い思考へと導いてくれます。
http://hanareproject.net/project/oye-01/

■リリース問合先
企画・問合先:hanare
■075-201-1430
info@hanareproject.net

カテゴリー:文化活動

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ