アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > イベント > 特別展「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」

アートニュース

イベント

特別展「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」

発信日:2014年09月10日(水)  発信者:千代田区立日比谷図書文化館

特別展「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」

特別展「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」

川端康成

川端康成

作家が「文士」と呼ばれていた時代、彼らの肖像を描いた写真家がいた。

昭和を代表する写真家の一人、林忠彦(1918-1990)が日本の作家109人を撮った写真展。昭和という、作家が文士であった時代を生きた「顔」を記録した写真107点に加え、もう一つの作家の「顔」といえる代表作や初版本が展覧会に華を添えます。
林忠彦は、銀座のバー「ルパン」に集う無頼派作家たちと出会ったのをきっかけに、戦後の日本文学を担う文士たちの姿を撮り続けました。復興の時代を生きる、力強く個性的な文士たちの「顔」。エネルギーがあふれる時代の息吹を、彼らの姿とその作品から、感じ取ってください。

関連イベントも開催します。
詳しくは当館ホームページをご覧ください。

http://hibiyal.jp/hibiya/museum/masu.html

会期:9月26日(金)~11月25日(火)
(休館日:10月20日(月)、11月17日(月))
会場:千代田区立日比谷図書文化館 1F特別展示室
観覧時間:平日10:00~20:00、土10:00~19:00
日・祝10:00~17:00(入室は30分前まで)
観覧料金:一般300円/大学・高校生200円
千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付添の方1名は無料
主催:千代田区立日比谷図書文化館
特別協力:周南市美術博物館
協力:神田古書店連盟
監修:林義勝
企画協力:モッシュブックス
交通機関:東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」徒歩5分、都営地下鉄三田線「内幸町」徒歩3分、JR線「新橋」徒歩12分
※当館には専用の駐車場がございません。公共交通機関をご利用ください。

■リリース問合先
千代田区立日比谷図書文化館
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
TEL:03-3502-3340
FAX:03-3502-3341

カテゴリー:イベント

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ