アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > イベント > 二人展 -東京 交差するふたりの視点-  大西 みつぐ&ジェレミー・ステラ写真展  大正大学キャンパス内で10月1日から開催(入場無料)

アートニュース

イベント

二人展 -東京 交差するふたりの視点-  大西 みつぐ&ジェレミー・ステラ写真展  大正大学キャンパス内で10月1日から開催(入場無料)

発信日:2015年10月05日(月)  発信者:学校法人大正大学

大正大学(学長:勝崎 裕彦、所在地:東京都豊島区)のキャンパス内に設置されているアートスペース「ESPACE KUU 空(エスパス空)」では、10月1日(木)から「二人展 -東京 交差するふたりの視点-」大西 みつぐ&ジェレミー・ステラ写真展を開催します。大西 みつぐとジェレミー・ステラの写真をパラレルに提示することで、この都市で今まさに起こっている事実を過去、現在、未来という時間軸の上で、“現地人”(インサイダー)と“異邦人”(アウトサイダー)という眼差しを通して検証します。

大正大学「ESPACE KUU 空」ホームページ http://taisho-kuu.tokyo/

【開催概要】
■会期  :10月1日(木)~12月25日(金)
■会場  :ESPACE KUU 空(大正大学5号館1階)
東京都豊島区西巣鴨3-20-1
■開場時間:10:00~19:00
■入場料 :無料(どなたでもご入場いただけます)
■出展作品:約20点
■特別協力:NPO法人東京画

<大西 みつぐ>
1952年東京深川生まれ。東京綜合写真専門学校卒業。1985年「河口の町」で第22回太陽賞、1993年「遠い夏」ほかにより第18回木村伊兵衛写真賞受賞。同年「江戸川区文化賞奨励賞」受賞。1970年代から東京の下町を拠点として撮影活動を続けるほか、大学や専門学校などで若い世代を指導、また各カメラ雑誌において記事執筆、月例コンテスト審査員を歴任するなど写真愛好家へのアドバイスも積極的に行なっている。近年は「すみだ写真博覧会」(2006)、「浦安写真横丁」(2008)、「深川フォトセッション」(2010)など、地域と写真を考える手作りイベントの企画実施も手がけてきた。個展、企画展多数。東京都写真美術館、国際交流基金、川崎市民ミュージアム、フランス国立図書館などに作品が収蔵されている。著書に「WONDERLAND 1980~1989」、「遠い夏」、「WONDERLAND」「東京手帖」、「はじめての一眼レフ」、「下町純情カメラ」など。日本写真協会、日本写真家協会会員、ニッコールクラブ顧問、大阪芸術大学客員教授。

<ジェレミー・ステラ>
1979年フランス生まれ。東京在住。2001年に理工科を卒業。多くの国々を旅することを通し、次第に写真を自己表現の手段とすることを考えはじめる。レイモン・ドゥパルドンの作風に影響を受け、彷徨写真というジャンルに出会う。2005年に来日し、日本に“一目惚れ”する。一年を費やした自己制作による初の作品、パリに暮らす若い世代のアフガニスタン移民の日常生活のドキュメンタリーは「ル・モンド」をはじめ数紙に掲載される。新たな文化と異なる生活様式と出会いへ欲求はさらに高まり、2009年、日本を拠点に活動することを決意。東京から、「ガーディアン」、「エル」、「ビジネスウィーク」、「テレラマ」、「リベラシオン」等、欧米の一流メディアからの発注に対応する。ドキュメンタリーからポートレート、建築写真まで自身が大きく影響を受けた小津 安二郎、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンなどの映画監督と同様、制作アプローチには常に人間を中心に据えている。2014年、初めての写真集「東京の家」がフランスで出版される。

<ESPACE KUU 空>
「エスパス空」は写真を中心とするビジュアルアートの展示を通して、学生のみならず、地域と共に新たなカルチャーを生み出す機能を果たすアートスペースを目指して、大正大学のキャンパス内に開設されました。仏教系大学として培ってきたDNA、精神性を深め、人生を豊かに生きるための叡智やヒントをアーティストとオーディエンスが共有し、文化を支え合うコミュニケーションの輪がここから生まれるよう、会期中にはレクチャー、トークセッション、ワークショップ、読書会、コンサートなどを開催して参ります。

<キュレーション指針>
「空」の智慧である「色」(物質的実在)、「受」(外界から受ける印象)、「想」(表象)、「行」(意志)、「識」(認識)の5つキーワードによってキュレーションされた展覧会では、オリジナルな視点から作品を読み解き、今までにはなかったアート体験をしていただくことを目的とします。

◆大正大学の概要
創立 : 1926年4月5日(旧大学令に基づく設置認可)
所在地: 〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
学長 : 勝崎 裕彦
学生数: 学部 4,750名
大学院 171名 ※2015年5月1日現在
URL  : http://www.tais.ac.jp/

学部・学科:仏教学部   仏教学科
人間学部   社会福祉学科
人間環境学科
臨床心理学科
人間科学科
教育人間学科
文学部    人文学科
日本文学科
歴史学科
表現学部   表現文化学科
地域創生学部 地域創生学科

大学院:仏教学研究科 仏教学専攻(博士前期・後期)
人間学研究科 社会福祉学専攻(修士)
臨床心理学専攻(修士)
人間科学専攻(修士)
福祉・臨床心理学専攻(博士後期)
文学研究科  宗教学専攻(博士前期・後期)
史学専攻(博士前期・後期)
国文学専攻(博士前期・後期)
比較文化専攻(博士前期・後期)

建学の理念 :智慧と慈悲の実践
教育ビジョン:4つの人となる(慈悲・自灯明・中道・共生)

■リリース問合先
大正大学「ESPACE KUU 空」ホームページ http://taisho-kuu.tokyo/

カテゴリー:イベント

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ