アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > イベント > 若手芸術家支援企画1floor2017「合目的的不毛論」ゲストトーク 「『1floor』の10年、これまでとこれから。若手アーティスト育成・支援の現場」

アートニュース

イベント

若手芸術家支援企画1floor2017「合目的的不毛論」ゲストトーク 「『1floor』の10年、これまでとこれから。若手アーティスト育成・支援の現場」

発信日:2017年11月25日(土)  発信者:神戸アートビレッジセンター

ゲストトーク

ゲストトーク

神戸アートビレッジセンター(KAVC)では30歳未満の若手芸術家を支援する公募企画「1floor(ワン・フロア)」を2008年より開催しています。
今年で10年という節目を迎えた「1floor」の関連イベントとして、企画立ち上げ時から第7回までを担当した伊藤まゆみ氏と、関西を拠点に多くの若手アーティストを取り上げてきたアートプロデューサーの原久子氏をお招きします。展覧会の企画や公募展の審査員を務めるなど作家輩出にも携わるお二人から見た「1floor」のこれまでを振り返るとともに、様々な事例を紹介しながら若手アーティストの育成・支援のこれからについて対話していただきます。

【開催概要】
日時:12月2日(土)14:00-16:00
会場:神戸アートビレッジセンター1F・1room
ゲスト:伊藤まゆみ(トーキョーアーツアンドスペース/東京都現代美術館育成支援課企画調整係長)、原久子(アートプロデューサー)
料金:無料 ※要予約

【ゲストプロフィール】
伊藤まゆみ(トーキョーアーツアンドスペース/東京都現代美術館育成支援課企画調整係長)
1979年生まれ。2005年関西学院大学大学院文学研究科修了。2005-2014年神戸アートビレッジセンター美術担当、2015年より現職。KAVCでの主な担当企画に「若手芸術家・キュレーター支援企画『1floor』」(2008-2014年)、「phono/graph -音・文字・グラフィック-」(2015年)、「hanaso -ハナソ-」(2013-2014年)など。現職では主に広報と教育普及事業を中心に担当。

原久子(アートプロデューサー)
京都市生まれ。現代芸術の執筆、編集、展覧会/アートプロジェクトの企画・運営、コンサルティングなどに80年代後半より携わる。主な展覧会共同企画に「六本木クロッシング2004」(森美術館,2004)、「Between Site and Space」(TWS渋谷、2008+ARTSPACE Sydney,2009) 、「あいちトリエンナーレ2010」他。共編著に『変貌する美術館』(昭和堂)など。専門は現代芸術、文化政策他。大阪電気通信大学教授。

■リリース問合先
【申込・問合せ】
神戸アートビレッジセンター
(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)
〒652-0811神戸市兵庫区新開地5-3-14
TEL:078-512-5500
「1floor2017」展覧会HP:https://www.kavc.or.jp/events/1133/

カテゴリー:イベント

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ