アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > イベント > 樋口一葉「たけくらべ」の直筆原稿が オークションに出品へ !(1月19日開催)

アートニュース

イベント

樋口一葉「たけくらべ」の直筆原稿が オークションに出品へ !(1月19日開催)

発信日:2018年12月26日(水)  発信者:株式会社毎日オークション 管理部管理課

保存状態も極めて良く、120余年前とは思えない鮮やかさで、作品の魅力を今に伝えています。

保存状態も極めて良く、120余年前とは思えない鮮やかさで、作品の魅力を今に伝えています。

美術品専門のオークション。白熱した競りが展開されます。

美術品専門のオークション。白熱した競りが展開されます。

来年1月19日、都内の毎日オークションにて、 明治の文豪・樋口一葉(1872~96)の代表作「たけくらべ」の“幻の原稿”が出品されます。

吉原の遊郭を背景に少女と少年の淡い恋を描いた短編小説「たけくらべ」は、一葉の小説家としての地位を確たるものとしました。24歳で早世し5年に満たない短い執筆期間から、現存する原稿の数は極めて少なく、研究上の重要性も高い貴重な資料だといえます。

オークションでの予想落札価格は1,000万円~1,500万円。近代文学史上の傑作が、直筆完全原稿で市場に出回ることは非常に珍しく、高額の落札が期待されます。

▼ 開催概要
第596回毎日オークション 絵画・版画・彫刻メインセール
開催日時:2019年1月19日(土) 13:30スタート
会場  :東京都江東区有明3-5-7 TOC有明ウエストタワー5階
毎日オークションハウス
下見会 :2019年1月17日(木) 10時~18時
1月18日(金) 10時~18時
1月19日(土) 10時30分~12時30分

▼ 今回出品される作品の詳細
たけくらべ(自筆原稿/和装本)
1896年 原稿用紙に墨・朱墨 24.8×16.7(本)cm

▼ 毎日オークションとは
毎日オークションは、取り扱い点数国内最大級の美術品オークションハウスです。1989年に株式会社毎日コミュニケーションズ(現株式会社マイナビ)の美術事業部として発足、2001年に分社化し、現在は絵画や版画だけでなく、西洋装飾美術や日本陶芸・古美術、宝飾品など幅広い作品を取り扱います。

▼ 一葉直筆の“幻の原稿”
「たけくらべ」は1895(明治28年)1月から翌96年1月にかけて文芸誌「文学界」に連載後、同年4月に文芸誌「文藝倶楽部」に全文再掲載されています。今回出品される原稿は、再掲載のため一葉自らが加筆し、400字詰めの原稿用紙75枚に清書したもの。最初の原稿とは異なり文字や仮名遣いを改め、すべてにルビがふってあります。この「文藝倶楽部」を読んだ文豪・森鴎外が絶賛し、一葉の名は広く世間に知られることとなりました。

一葉没後は、長く所在不明で「戦争で焼けた」との見方もありましたが、1957年東京・浅草の松屋百貨店で開かれた「一葉展」での出展が契機となり、美術商が所蔵していたことが分かりました。その後も個人の手に渡り大切に受け継がれ、今回の出品に至りました。

■リリース問合先
〒135-0063 東京都江東区有明3-5-7 TOC有明ウエストタワー5階
株式会社毎日オークション 広報担当:和田、玉川
Tel. 03-3527-7348 Fax. 03-3527-7335 E-mail. wada.shunsuke@my-auction.co.jp

オークションはどなたでも参加できます。※身分証の提示およびご登録手続きが必要
入札方法などオークションの詳細は毎日オークションHP(https://www.my-auction.co.jp/)をご覧ください。当日の取材や見学も承ります。お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー:イベント

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ