アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > 原 研哉 氏 講演会 SENSEWARE— 産業の未来を可視化する

アートニュース

美術館

原 研哉 氏 講演会 SENSEWARE— 産業の未来を可視化する

発信日:2009年08月03日(月)  発信者:神戸ファッション美術館

hara

2009年9月12日(土)
入場無料

■受付開場 13:30 ■開演 14:00
■終了予定 16:00
■定員 400名 (当日先着順)
■会場 神戸ファッション美術館 5Fオルビスホール

去る2009年4月22日から27日まで、イタリア・ミラノ市内にあるトリエンナーレ美術館で『TOKYO FIBER ‘09 SENSEWARE』が開催されました。
日本の最先端の繊維テクノロジーを、既成概念を覆すようなデザインとともに、世界に向けて紹介するこの展覧会のディレクションをしたのが、原研哉氏です。
6日間で3万8千人を動員したこの『SENSEWARE』展ディレクターの視点から、日本の繊維とデザインの可能性について語っていただきます。

原 研哉氏 プロフィール
1958年生まれ。グラフィックデザイナー、日本デザインセンター代表取締役、武蔵野美術大学教授。「もの」のデザインではなく「こと」のデザインを志向し、2002年より無印良品のアートディレクションを担当、また『RE DESIGN』『HAPTIC』『JAPAN CAR』など展覧会と書籍を基軸とした複合プロジェクトを数多く手がける。近著『デザインのデザイン/Designing Design(岩波書店)』はサントリー学芸賞を受賞、中国、韓国、台湾、英語に翻訳され世界に多数の読者を持つ。

■お問合せ
神戸ファッション美術館 http://www.fashionmuseum.or.jp/
TEL:078-858-0050

カテゴリー:美術館

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ