アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > 人間国宝美術館特別企画展示「人間国宝 現代の漆芸VS現代の陶芸」

アートニュース

美術館

人間国宝美術館特別企画展示「人間国宝 現代の漆芸VS現代の陶芸」

発信日:2014年10月02日(木)  発信者:人間国宝美術館

企画展示「人間国宝 現代の漆芸vs現代の陶芸」ポスター画像

企画展示「人間国宝 現代の漆芸vs現代の陶芸」ポスター画像

18世紀の古伊万里の器でおしるこ始めました

18世紀の古伊万里の器でおしるこ始めました

「作品を見て、使って、買える美術館」、人間国宝美術館の今回の企画展示は「人間国宝 現代の漆芸VS現代の陶芸」と銘打ち、「そもそも工芸の美しさとは何なのか?」という課題に迫ってみました。

個性が叫ばれる現代、工芸の世界でも主観性や芸術性の強い作品が強調されるようになりました。自由な形を作りやすい「陶芸」において特にその傾向が顕著です。一方、自由な作為が許されない中、習熟し洗練された技によって表現される工芸に「漆芸」があります。

そこで、芸術美代表「陶芸」と技巧美代表「漆芸」の二つを対比させ、その美しさの本質に迫ってみようというのが本展です。「陶芸」vs「漆芸」、その結果やいかに!?
当館に来ればすべてがワカル!!

さらに当館では一般料金で入館されたお客様全員に、人間国宝の作ったお茶碗でお抹茶を一服サービスでお出ししております。本展開催期間中、幸福の一服を味わっていただきたく、今回は下記のお茶碗でご提供いたしております。
三輪壽雪:萩白茶碗
鈴木 蔵:志野茶碗
濱田庄司:縁黒茶碗
伊勢崎淳:備前茶碗
田村耕一:ほたるぶくろ茶碗
加藤卓男:志野茶碗
細川護煕:唐津茶碗
など

■リリース問合先
人間国宝美術館
〒259-0301
神奈川県湯河原町中央3-16-1
Tel:0465-62-2112
E-mail:nikobi@i-younet.ne.jp

カテゴリー:美術館

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ