アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > コレクションでふりかえる信美50年浮世絵のその後 近代木版画の諸相―吉田博、川瀬巴水、伊東深水など

アートニュース

美術館

コレクションでふりかえる信美50年浮世絵のその後 近代木版画の諸相―吉田博、川瀬巴水、伊東深水など

発信日:2016年08月24日(水)  発信者:長野県信濃美術館

吉田博《剣山の朝》1926年

吉田博《剣山の朝》1926年

江戸時代に隆盛した浮世絵を中心とする多色摺木版画は、江戸時代の終焉とともに一度衰退しました。その後、明治30年代から昭和にかけて、西洋の風景表現などをとり入れた新版画の登場によって、その地位は再び向上し、実験的な表現が度々試みられました。新版画の隆盛を中心的にになった吉田博や川瀬巴水や伊東深水などの作品から、長野の風景と木版画ならではの表現をご覧いただきます。また、同時開催の平木コレクション浮世絵展とともに木版画の世界をご堪能ください。

会期:2016年9月4日(日)~9月11日(日)、9月16日(金)~10月16日(日)
休館日:毎週水曜日
観覧料:無料
開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

■リリース問合先
長野県信濃美術館
TEL026-232-0052

カテゴリー:美術館

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ