アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > コレクションでふりかえる信美50年 信州の工芸~松井康成など~

アートニュース

美術館

コレクションでふりかえる信美50年 信州の工芸~松井康成など~

発信日:2016年10月17日(月)  発信者:長野県信濃美術館

信州の工芸界を代表する陶芸の松井康成と日本刀の宮入行平は、長野県出身の数少ない国の重要無形文化財保持者(人間国宝)です。本展は、この人間国宝2人を中心に、北原三佳や杉田禾堂など、長野県を代表する工芸家たちの作品をご紹介いたします。また、特別出品として当館所蔵品で唯一長野県宝に指定されている幕末信濃の名工、山浦真雄の短刀も展示いたしますので、是非、この機会にご覧ください。

会期:2016年10月27日(木)~12月11日(日)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週水曜日(11/23(水・祝)は開館、翌11/24は休館)
観覧料無料

■リリース問合先
長野県信濃美術館
026-232-0052

カテゴリー:美術館

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ