アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > 赤坂仮皇居の誕生 ~仮皇居が描かれている壁画~

アートニュース

美術館

赤坂仮皇居の誕生 ~仮皇居が描かれている壁画~

発信日:2017年07月27日(木)  発信者:聖徳記念絵画館

赤坂仮皇居の誕生 ~仮皇居が描かれている壁画~

赤坂仮皇居の誕生 ~仮皇居が描かれている壁画~

明治神宮外苑に移築した赤坂仮皇居御会食所の立面図

明治神宮外苑に移築した赤坂仮皇居御会食所の立面図

赤坂仮皇居という名前を聞いたことがありますか?
慶応3年(1867)の大政奉還から150年、政権は朝廷に返還され天皇中心の時代を迎えた明治時代。天皇は明治元年(1868)江戸城に入城し、東京城(旧江戸城)と改め皇居としました。しかし、明治6年(1873)旧江戸城(皇居)は火事によって焼失し、天皇は赤坂仮皇居にお住まいを移されました。赤坂仮皇居は現在通年一般公開をしている迎賓館赤坂離宮の場所にあったということを知るものは少ない。また明治天皇ご在位期間45年の約3分の1にあたる15年間を赤坂仮皇居で過ごされたことも意外にも知られていません。幕末から明治の時代の歴史場面80点(日本画40点、洋画40点)を展示している聖徳記念絵画館には、この仮皇居時代の壁画が全体の10分の1を占めています。当館より徒歩5分に位置する明治記念館は、本年開館70周年を迎えます。この記念館の本館は、実は赤坂仮皇居の御会食所が移築されたもので、明治神宮外苑とも非常に所縁があるので赤坂仮皇居にスポットをあててみました。

■リリース問合先
明治神宮外苑聖徳記念絵画館
お問い合わせ ☎03-3401-5179

カテゴリー:美術館

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ