アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > 美術館 > 追悼 山崎巖・小林順二 展 ~ 地域芸術をつないで ~

アートニュース

美術館

追悼 山崎巖・小林順二 展 ~ 地域芸術をつないで ~

発信日:2018年09月10日(月)  発信者:星と森の詩美術館

左より山﨑巖《森の雪》1998 手描き友禅、小林順二《節季市》1991 油彩

左より山﨑巖《森の雪》1998 手描き友禅、小林順二《節季市》1991 油彩

「きものの街」として知られる十日町市で、ともに活躍した手描き友禅作家 山﨑巖(1938-2015)と意匠デザイナー 小林順二(1940-2016)。
1960年代前半、「マジョリカお召し」で織物産地として一躍好景気に沸いた十日町が、さらなる一手として先染め織物から後染め織物へと転換するという十日町織物に大変革が起こるまさにその時期に、山﨑は地元織物会社へ入社し、小林は意匠デザイナーとして研鑽に励みやがて独立しました。それぞれの生業の傍ら、山﨑は地域の同好の士と立ち上げた現代美術の会「朔風会」や公募展等で作品を発表、一方の小林は、当時十日町と深い交流のあった木版画家 星襄一に木版画を学ぶなど、その後半世紀にわたり互いの道で水彩や油彩等さまざまな分野をまたいで盛んな創作活動を展開しました。
そして、芸術をより多くの市民の手に広げるべく立ち上げられた十日町市芸術協会では、山﨑は第3代、小林は第5代会長を務め、またそれぞれ十日町石彫シンポジウム実行委員長を務めるなど、芸術作品を通しての地域の文化振興に尽力しました。
今展では、2人の創作活動を展覧し、その業績を偲ぶ会といたします。

■リリース問合先
星と森の詩美術館
http://www.hoshi-uta-m.jp
025-752-7202

カテゴリー:美術館

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ