アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > セミナー > デザイナー、映画監督、美術史家、写真家など、2つの芸術大学の教員陣が自らの創造活動について語る

アートニュース

セミナー

デザイナー、映画監督、美術史家、写真家など、2つの芸術大学の教員陣が自らの創造活動について語る

発信日:2013年05月24日(金)  発信者:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学

デザイナー、映画監督、美術史家、写真家など、2つの芸術大学の教員陣が自らの創造活動について語る

写真上、京都造形芸術大学(京都市左京区瓜生山)、写真下、東北芸術工科大学(山形市上桜田)

写真上、京都造形芸術大学(京都市左京区瓜生山)、写真下、東北芸術工科大学(山形市上桜田)

この夏(7月~)京都造形芸術大学と東北芸術工科大学の東京にある共同サテライトキャンパス(外苑キャンパス)にて、

両大学の対外的にも幅広く活躍する教員陣が、自らの創造活動を中心に語る連続講座『創造の時空学』を実施いたします。

2013年度のサブテーマは「手仕事再考」です。

手仕事=創造活動とは、既存の枠組みを作り変えることです。そのような熱意はどこから生まれ、どのようにして実現にいたっているのか。

本人たちにその由縁を問いながら、手仕事を「再考」していきます。

———————————————
<講座概要>

『創造の時空学「手仕事再考」<前期>』(全7回)

日程:7/30(火)、8/10(土)※、8/27(火)、9/17(火)、10/15(火)、
11/04(月)、11/26(火)

●基本時間割:14:30~16:30 ※8/10(土)のみ17:00~19:00
●形態:講義
●受講料:20,000円(税込・7回分※内2回は無料公開)
●定員:60 名
●講師:
服部滋樹(デザイナー、クリエイティブディレクター)
根岸吉太郎(映画監督)
内藤正敏(写真家、民俗学者)
藤本由紀夫(アーティスト)
林洋子(美術史家、美術評論家)
水野千依(美術史家)
ナガオカケンメイ(デザインディレクター)

■リリース問合先
藝術学舎 外苑キャンパス事務室
TEL:0120-530-920
E-mail:office@gakusha.jp

カテゴリー:セミナー

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ