アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > シンポジウム > シンポジウム「日本は東南アジアの現代美術にいかに関わってきたのか?」国立新美術館で2月27日(土)開催 

アートニュース

シンポジウム

シンポジウム「日本は東南アジアの現代美術にいかに関わってきたのか?」国立新美術館で2月27日(土)開催 

発信日:2016年02月15日(月)  発信者:国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター

国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンターは、2017年夏の展覧会共同開催に向け、2015年、リサーチプロジェクト「SEA プロジェクト:東南アジア現代美術――1980年代から現在まで」を立ち上げ、ASEAN10か国を中心に協働で調査活動を開始しました。「SEAプロジェクト」で調査のプロセスも重要な要素であると考え、これらを早い段階から公開・共有するため、このたび、ウェブサイトを開設するとともに、展覧会までの約一年半、プレイベントを継続的に実施する予定です。その第一弾として、2016年2月27日 (土)にシンポジウム「日本は東南アジアの現代美術にいかに関ってきたのか?」を開催します。

本シンポジウムでは、1980年代以降日本がいかに東南アジア現代美術を研究・紹介し、どのような議論を展開してきたのか、また日本のパフォーマンス・アートが東南アジアでどのような役割を果たしてきたのかを改めて検証します。
前半のプレゼンテーションでは、1979年の開館以来、アジアの近現代美術の研究と交流に貢献してきた福岡市美術館、1999年にその活動を継承した福岡アジア美術館の活動、ならびに1990年のアセアン文化センター設立から形を変えて続く、国際交流基金の東南アジアでの活動を振り返り、1990年代以降、東南アジアのパフォーマンス・アートの発展に大きな貢献をしてきた日本国際パフォーマンス・フェスティバル(NIPAF)の活動も検証します。パネルディスカッションでは、SEAプロジェクトのキュレトリアル・チームもディスカッションに加わり、これからの東南アジアと日本の交流において、過去の蓄積をどのように活かすことができるのかを議論します。

【開催概要】
「日本は東南アジアの現代美術にいかに関わってきたのか?」
日時:2016年2月27日(土) 17:00〜19:30
会場:国立新美術館 3階講堂
登壇者:
後小路雅弘(九州大学人文科学研究院哲学部門教授)
古市保子(国際交流基金アジアセンター美術コーディネーター)
霜田誠二(NIPAF:日本国際パフォーマンスアートフェスティバル代表)

【申し込み】
森美術館ウェブサイトから www.mori.art.museum
※入場無料
※申し込み受付開始:2016年2月4日(木)
※定員250名
※定員に達し次第、受付終了

【お問い合わせ先】
■申し込みについてのお問い合わせ
森美術館 パブリックプログラム
E-mail:ppevent-mam@mori.co.jp
TEL:03-6406-6101(月〜金 11:00〜17:00)

■会場に関するお問い合わせ
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

■プログラム内容についてのお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター
TEL:03-5369-6140

カテゴリー:シンポジウム

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ