アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > アートニュース > シンポジウム > 文化庁 第7回国際文化フォーラムについて -国際文化芸術人会議- - World Cultural Forum 2009 -

アートニュース

シンポジウム

文化庁 第7回国際文化フォーラムについて -国際文化芸術人会議- - World Cultural Forum 2009 -

発信日:2009年11月09日(月)  発信者:国際フォーラム事務局

第7回国際文化フォーラム

文化庁では、本年11月に東京、奈良、大阪において、合計3回の専門家会議にわたる文化芸術に関する国際的なフォーラムを下記のとおり開催いたしますのでお知らせします。

1. 趣 旨
国際文化フォーラムは、「文化の多様性」を大きなテーマに、内外の著名な文化人・芸術家が世界の文化の最新情報や文化をとりまく課題に関する知見を、講演・専門家会議を通じて提供するとともに、世界に向け、日本文化を発信する目的で開催します。

2. 事業概要
本年は東京において「文化の多様性」を大きなテーマに開会し、「メディア芸術」「シルクロードと東西交渉」「文化の多様性と現代美術」といった3つのサブテーマの専門家会議を各地で開催します。東京と関西において、世界の文化人が議論を交わします。
各専門家会議の詳細は別紙のとおりです。

3. 「関西元気文化圏」での位置付け
国際文化フォーラムは、文化庁が地域から文化力で日本を活気付けることを目的に提唱する「関西元気文化圏」の中心事業として開催するものです。

4. 開催時期・会場
時期:平成21年11月13日(金)~11月29日(日)のうち3日間
会場:全国3会場(東京、奈良、大阪)

文化庁 第7回国際文化フォーラム 実施概要 平成21年11月全国3会場で開催決定!!
「第7回国際文化フォーラム-国際文化芸術人会議-」では、ユネスコの提唱する人類共通の遺産「文化の多様性(Cultural Diversity)」を大きなテーマに、国内外の著名な文化人・芸術家が、世界の文化の最新情報や文化をとりまく課題に関する知見を、講演・専門家会議を通じて提供すると同時に、日本の伝統文化から世界を席巻するポップカルチャーまで日本文化の魅力についても広く伝えていきます。
専門家会議ごとにサブテーマを設け、グローバルな視点で文化の意義と文化の与える影響力について議論を展開し、日本から世界に向けての文化のメッセージを発信します。

1. 名称 第7回国際文化フォーラム-国際文化芸術人会議-
2. テーマ 文化の多様性
3. 構成 ◇基調講演 「文化の受容と融合 ジャパンエキスポがたどった道」
(開催地:東京都江東区)
◇専門家会議Ⅰ 「メディア芸術」(開催地:東京都江東区)
◇専門家会議Ⅱ 「シルクロードと東西交渉」(開催地:奈良県奈良市)
◇専門家会議Ⅲ 「文化の多様性と現代美術」(開催地:大阪府大阪市)
※いずれのセッションも、聴講の参加が可能です。
(参加費無料。)
4. 日程 平成21年11月13日(金)~11月29日(日)
(別紙「開催日程」のとおり)
5. 主催 文化庁、日本経済新聞社、NHK、関西元気文化園推進協議会
※上記組織は事業全体の主催者。別途各会場にて共催団体あり。
※実施内容は、状況により変更の可能性がありますことをご了承下さい。
文化庁国際文化フォーラムURL:http://www.bunka.go.jp/culturalforum/

文化庁 第7回国際文化フォーラム 開催日程
【開会セッション(基調講演・専門家会議Ⅰ)】
●日時: 平成21年11月13日(金) 13:30~18:30
●会場: 東京国際交流館プラザ平成 国際交流会議場 (東京都江東区青海2-79)
●主催: 文化庁、日本経済新聞社、NHK
●出演:
基調講演「文化の受容と融合 ジャパンエキスポがたどった道」
基調講演者 ジャン=フランソワ デュフール(ジャパンエキスポ代表(SEFA Event社)/フランス)、
トマ・シルデー(ジャパンエキスポ副代表(SEFA Event社)/フランス)

【専門家会議Ⅰ】「メディア芸術」~現代文化の融合~
●座長: 濱野保樹(東京大学大学院教授)
●パネリスト: ソル・キファン(忠南文化産業振興院長/韓国)
ジャン=フランソワ デュフール(ジャパンエキスポ代表(SEFA Event社)/フランス)、
トマ・シルデー(ジャパンエキスポ副代表(SEFA Event社)/フランス)
青木 保(青山学院大学大学院特任教授・前文化庁長官)
荒木 隆司(エイベックス・グループ・ホールディングス(株) 代表取締役専務)
分科会① コーディネーター: 青木 保(青山学院大学大学院特任教授・前文化庁長官)
パネリスト: ソル・キファン(忠南文化産業振興院長/韓国)
スチュウアート・リービー (TOKYOPOP代表取締役社長/米国)
細田 守(アニメーション映画監督)
分科会② コーディネーター: 濱野保樹(東京大学大学院教授)
パネリスト: コウ・チンリュウ(第10回台湾漫画博覧会代表・中華動漫出版同業協進会理事長/台湾)
ジャン=フランソワ デュフール(ジャパンエキスポ代表(SEFA Event社)/フランス)、
トマ・シルデー(ジャパンエキスポ副代表(SEFA Event社)/フランス)
荒木 隆司(エイベックス・グループ・ホールディングス(株) 代表取締役専務)

【専門家会議Ⅱ】「シルクロードと東西交渉」~中央アジアの実像とイメージ~
●日時: 平成21年11月15日(日) 13:30~17:00
●会場: 春日大社 感謝・共生の館 (奈良県奈良市春日野町160)
●主催: 文化庁、奈良県、日本経済新聞社、NHK、関西元気文化圏推進協議会
●座長: 山内 昌之 (東京大学大学院教授)
●パネリスト: イセンビケ・トガン(トルコ科学アカデミー会員、元中東工科大学中央アジア史教授/トルコ)
ステファン・デュドワニョン(フランス国立科学研究センター(CNRS)上席研究員/フランス)
バフティヤール・ババジャノフ(東洋学研究所主任研究員/ウズベキスタン)
小松 久男 (東京大学大学院教授)

【専門家会議Ⅲ】「文化の多様性と現代美術」~グローバル化時代の芸術~
●日時: 平成21年11月29日(日) 13:30~17:00
●会場: 国立国際美術館 (大阪市北区中之島4-2-55)
●主催: 文化庁、国立国際美術館、日本経済新聞社、NHK、関西元気文化圏推進協議会
●座長: 高階 秀爾(大原美術館長)
●パネリスト: キム・ヨンスン(美術評論家・韓国文化芸術委員会Arko美術館諮問委員長/韓国)
ピエル・ルイジ・タッツィ(美術評論家、インディペンデントキュレーター/イタリア)
フランソワーズ・ルヴァイアン(フランス国立科学研究センター(CNRS)主任研究員/フランス)
建畠 晢(国立国際美術館長)

<お問い合わせ>
文化庁長官官房国際課
課 長 大 路 正 浩 (内線2845)
国際文化交流室長 北 山 浩 士(内線3153)
代 表:03-5253-4111
直通電話:03-6734-3110

カテゴリー:シンポジウム

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ