アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 北海道・東北 > 特別企画展 「蔡國強 蓬莱山—Penglai / Hõrai」

展覧会リリース

北海道・東北

特別企画展 「蔡國強 蓬莱山—Penglai / Hõrai」

作家名:蔡國強

会期:2015年7月26日(日)~9月27日(日)

会場:越後妻有里山現代美術館[キナーレ]

■作家プロフィール
1957年中国福建省生まれ。上海劇場アカデミーで学んだ後、1986年-95年日本で活動した。この間、火薬や爆発事象といった実験的な表現を試み、現在の作風の基礎を築く。1999年 第48回ヴェネツィア•ビエンナーレで金獅子賞、2007年広島アート賞、2009年福岡アジア文化賞、2012年高松宮殿下記念世界文化賞等受賞多数。農村と都市の関係に早くから注目し、人々の想像を超えた小さな町の小さな美術館シリーズ(越後妻有のドラゴン現代美術館(DMoCA、2000)を筆頭に、イタリア(UMoCA、2001)、台湾 金門島(BMoCA、2004)、いわき市(SMoCA、2013))を手掛けるなど、幅広く活動する。2005年第51回ヴェネツィア•ビエンナーレ中国パビリオンのキュレーション、2008年北京夏季オリンピック開閉式のアーティスティックディレクターを務めるなど、中国を代表する現代美術家。

■作家コメント
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」の一環として、特別企画展「蔡國強―蓬莱山」を開催
北京オリンピック開会式の花火の演出でも知られる、中国を代表する世界的アーティストの蔡國強さんは、越後妻有とは大地の芸術祭初回から深く関わられてきました。戦後70年の夏、蔡さんは、東アジアが緊張状態にあるなか、今、最もリアルで、国内外の関心が集まる「島」をテーマに、古代中国で仙人が住むといわれた東の海に浮かぶ伝承の島(山)「蓬莱」をメタファーとして、ダイナミックかつユーモアとアイロニーあふれる大インスタレーションを展開します。島の周囲に龍のように配置された藁細工は、地域の匠たちからその技を学び、越後妻有のこどもたちとともに作り上げた約1000体にもおよぶ協働の作品。世界各地で、地域と協働しながら、国を超えたプロジェクトを次々と実現する蔡さんの真骨頂とも言えるインスタレーションです。

DATA
作家名蔡國強
会期2015年7月26日(日)~9月27日(日)
会場越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
備考

10:00~17:00(最終入館16:30)

カテゴリー:北海道・東北

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ