アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

関東

古川巧展

作家名:古川巧

会期:2011年10月19日~30日 24日29日休み

会場:ギャラリー楓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■作家プロフィール
1950年生まれ
東海大学芸術学科卒業
1987年個展(村松画廊)
1988年個展(村松画廊)
1989年個展(村松画廊)
1989年個展(あーとギャラリー京橋)
1990年個展(ギャラリー現)
1992年個展(あーとギャラリー京橋)
その他個展・グループ展多数

■作家コメント
 僕が生まれたのは、60年前。戦後の復興期であり、道路も舗装されているところも少なく車もあまりなかった。幼少の頃は、まだラジオ全盛で、テレビなんぞなかった。小学校にあがる頃街頭テレビが設置された。
中学、高校と進学するにつれ高度成長をしていた時代である。物づくりニッポンが鼻高々としていた頃だ。
 高校のころ、勉強もろくにできず大學に進学しようか、どうしようか迷った。絵は好きであったが、美術予備校も行かないで、美大に受かるわけもない。何も考えずに、地元の大学を受験した。芸術の学科があったからだ。結局、幼・小・中・高・大と全て地元で間に合ってしまった。
大學では、よき彫刻の指導者がいて、美術とはなんぞや・・・という講義を受けた。勿論実技の実習も。しかし、2年目になると、学園紛争が飛び火し、田舎の学校にまで、機動隊が張り付き1年間はまるで、授業ができない状態が続いた。3年、4年は学生運動も収まり通常授業が行われた。
卒業後、また高校時代のように、これから何をしようか迷いが生じた。
そこで、アメリカでも行って見るかと軽い気持ちで西海岸に渡った。実は大学時代海外移住研究会と言うなんだかよくわからないサークルの所属していた。仲間が卒業すると、やたら海外に行ってしまうのだ!それなら、僕も!ということでアメリカに渡ったのだ!そこには、何の驚きもない、日常の生活があった。いつのまにか日本人、アメリカナイズされていて、食べるものから着る物まで、ほとんど似たようなものである。
画廊や美術館を回っても驚きはなかった。
うだうだ、生活しているうちに、時は早5年経過していた。
これでは、何も考えずに一生を終わってしまう!アートの面白さを大学教授から教わったので、帰国して日本で始めよう!
そこから、僕の作品制作は始まった!日本人の器用なところを見せてやろう!
まあ、彫刻専攻ではないが立体をつくるきっかけは大學の教授のお陰だ。

ミクストメディア+コラージュ
■その他展覧会について
19日(水)午後5時よりささやかな、オープニングを行いたいと思います。是非ご来場を。

DATA
作家名古川巧
会期2011年10月19日~30日 24日29日休み
会場ギャラリー楓
会場詳細

〒259-1302 神奈川県秦野市菩提214
TEL 0463-63-2330 
FAX 0463-63-2331

備考

休館日24日(月)、29日(土)

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ