アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 関東 > 高橋理子展覧会 effect/TAKAHASHI HIROKO EXHIBITION

展覧会リリース

関東

高橋理子展覧会 effect/TAKAHASHI HIROKO EXHIBITION

作家名:高橋理子

会期:2011/10/15~2011/11/18

会場:横浜美術大学大学ギャラリー

■作家プロフィール
1977年生まれ。2006年、株式会社ヒロコレッジ設立。
2008年、東京藝術大学大学院美術研究科博士課程染織研究領域修了。
博士号(美術)を取得。円と直線のみで表現される図柄が特徴的。
表現活動の一環として取り組むプロジェクト「HIROCOLEDGE」等、
活動はジャンルの垣根を超え、日本の伝統を進化させた作品を生み出している。

■作家コメント
高橋理子は、幼少の頃から服作りに興味を持ち、東京藝術大学で染織を学んだ後、伝統産業の産地や職人と共に多様なもの作りを行なってきました。大きな特徴である円と直線による図柄と共に生み出される伝統工芸品や和物と呼ばれる日用品が、これまでにない新鮮な輝きを放ちます。

高橋は日常に寄り添ったモノ作りだけではなく、それらのものを使った写真作品やパフォーマンスを行ない、メッセージを発信しています。身近に存在する固定観念や偏見を覆し、世の中に影響を与えることを目的に、さまざまな表現に挑戦してきました。
西洋のものが日常にあふれ、自国のものを特別視する現代日本人の感覚に接しながらも、鋭敏な感性でそれを客観視する高橋は、和と洋、過去と現在などの垣根を持たず、作為のない解き放たれた感性で、伝統とその歴史を背景に持った日本人の今を表現していると言えます。本展は、高橋の作品の中でも最も印象的な着物と共に、その作品を自身で纏い撮りためてきたセルフポートレートを一堂に集め、「和」とは何か、伝統とはどうあるべきかということを問いかける展覧会です。従来の和の概念を覆すきっかけをあらゆる方向から探り形にしようとする高橋の作品を通して、日本の伝統文化の進化の可能性を垣間見ることができるでしょう。

DATA
作家名高橋理子
会期2011/10/15~2011/11/18
会場横浜美術大学大学ギャラリー
会場詳細

〒227-0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204
アクセス:東急田園都市線青葉台駅下車、バスターミナル4番のり場「日体大行」にて約10分「横浜美術大学」下車

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ