アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 関東 > 古川巧の世界展 居酒屋2軒ともうひとつ展 2016

展覧会リリース

関東

古川巧の世界展 居酒屋2軒ともうひとつ展 2016

作家名:古川巧

会期:10月26日(水)~28日(金)13:00~19:00

会場:①アートマニアカフェーギャラリーヨコハマ 横浜市中区野毛町3-122 ②包丁処「たち花」 横浜市中区野毛町3-160-4  ③居酒屋「我が家」 横浜市中区宮川町1-1

■作家プロフィール
1950年平塚市生まれ。
1972年東海大学藝術学科卒業。
1982年第5回埼玉美術の祭典[浦和)
1983年JAPAN’3(平塚)、第6回埼玉美術の祭典(浦和埼玉県立美術館)
1984年第19回神奈川県美術展(横浜県民ホール)、INTER GRAFIk’84(旧東ドイツ)
1985年第10回国際ミニチュア版画展(ニューヨーク)、二人展(根本和、古川巧)神田真木画廊
1986年ラジカル・カントリーアート展(平塚ギャラリー臼元)
1987年バルパライソビエンナーレ(チリ)
1988年個展(銀座村松画廊)
1989年個展(京橋アートギャラリー京ばし)
1990年個展(銀座ギャラリー現)
1991年名栗湖野外美術展(埼玉)、滝沢アートフィールド(岩手)
1992年個展(京橋アートギャラリー京ばし)、個展(銀座村松画廊)
1993年個展(京橋アートギャラリー京ばし)
1994年高麗山湘南’94(平塚市美術館)
1995年名栗湖野外美術展(埼玉)
1996年湘南コンテンポラリーアート’96(茅ヶ崎文化会館)
1997年接展’97(京橋アートギャラリー京ばし)
1998年接展’98(京橋アートギャラリー京ばし)
1999年接展’99(京橋アートギャラリー京ばし)
2000年接展’00(京橋アートギャラリー京ばし)
2001年接展’01(京橋アートギャラリー京ばし)
2002年接展’02(京橋アートギャラリー京ばし)
2003年接展’03(京橋アートギャラリー京ばし)
2004年接点’04(京橋アートギャラリー京ばし)個展(京橋アートギャラリー京ばし)
2007年二人展(高橋勉・古川巧)(平塚駅ビル)
2011年個展(秦野ギャラリー楓)
2014年個展(横浜アートマニアカフェーギャラリーヨコハマ)
2015年JAPAN’3(茅ヶ崎市美術館)

■作家コメント
ここ(アートリリース)に書くのは三回目。
現代美術と言われるようなアートは1960年頃から始まった抽象表現、コンセプチュアル、ミニマルアートなどが10年20年もすると次第にネタが付き始め、かなり行き詰ったような気がします。(僕のことではないですよ)もの派が生まれたのもこのころかも知れません。
1980年代はアートも、なにをやってもござれの世界でインスタレーションが真っ盛りでしたね。もの派が生まれると、アンチもの派もいるわけで、それにも属さないという世界も生まれています。とにかく、混とんとした美術の世界になりつつあります。今は映像を使う作品が増えています。時代でしょうか?
アートを始めるきっかけは、なんでもいい。でも始めたからには継続しなければ意味がありません。一生こつこつ、途切れないで行くしかないのでしょう!

■その他展覧会について
今回は3か所で開催します。場所、日程、時間が各会場違いますのでご注意ください!

   

DATA
作家名古川巧
会期10月26日(水)~28日(金)13:00~19:00
会場①アートマニアカフェーギャラリーヨコハマ 横浜市中区野毛町3-122 ②包丁処「たち花」 横浜市中区野毛町3-160-4  ③居酒屋「我が家」 横浜市中区宮川町1-1

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ