アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 関東 > 岡西佑奈 個展「青曲」

展覧会リリース

関東

岡西佑奈 個展「青曲」

作家名:岡西佑奈

会期:2018年1月31日(水)ー2月25日(日)

会場:WhitestoneGallery KARUIZAWA Gallery2&3

■作家プロフィール
書家。幼い頃から白い紙に滲み広がる墨の黒「モノクローム」の世界に惹かれ、7歳から本格的に書に取り組む。
書家として文字に命を吹き込み、アーティストとして独自のリズムや曲線美、心象を表現、国内外で多数受賞。
また、「子供に命の大切さを伝えたい」という想いから、書を通じて積極的にボランティア活動に参加している。

■作家コメント
青く美しい海を見たとき 私の心は安らぎ 心ならずも汚された海を見たときは 私の心は痛む。
海は確実に私の心に影響を及ぼしている。
前者の心の浄化、後者を心の汚染と考えても良いのではないだろうか。いや、私は直感でそう感じている。
海が汚染されると、必然的に人間の心までもが汚染されていくのではないか。人間の心が汚染されると何が起きるのであろうか。
増汚=憎悪を引き金とした犯罪や事件、尊い命を無残に奪う行為なのではないか。
海洋汚染の一つの原因は、生態系のバランスが崩されることによるものとされている。魚類の頂点に君臨している鮫。しかし今、乱獲によるサメの減少は生態系を壊す深刻な問題となってきている。
青い海の中を泳ぐ鮫を見ていると 究極の曲線美であると感じる。物心がつく前から彼らの神秘性に強く惹かれていた。彼らは人食い鮫と恐れられているが 万物にとって大切な存在である。
鮫を大切にし、地球の生態系を守ることが、平和へと繋がる道なのだと私は信じている。
鮫は優雅な曲線を描くように、時に鋭く体を曲げ方向を変えて泳ぐことができる。彼らの優美な姿勢、動き、その軌跡はまさに私の書の線の原点である。彼らのように美しい曲線を描くこと、それが私の書である。
私の線は鮫が尾鰭で描く線。
尊敬の念を込めて光を写し銀で描く。
時に獰猛に泳ぐ彼らを描く。
平和への願いを込め、一気に描く。

■その他展覧会について
この度、ホワイトストーンギャラリー軽井沢では、岡西佑奈展『青曲』を開催いたします。
7歳で書と出会って以降、25年間一心に格闘してきた岡西にとって、書とは「線の藝術」です。線には描く者の心がまやかしなく反映され、太さ・強弱・軽重・緩急などの「線の質」として立ち現れます。
書への取り組みは、広義には世界平和への願いを表現することへと繋がっています。青く輝く海に心の平和を見出す岡西にとって、海が汚染されて久しい現況は忍びなく、いかに海の状態が人心へ影響を及ぼしているかに気づきます。海洋の汚染は人の心の在りように作用し、平穏をかき乱し、憎悪を生み出し、戦争や犯罪へと繋がっているのではないか。
さらに、生態系の破壊が海洋汚染の原因の一つであると提唱されているにも関わらず、魚類の頂点にいる鮫が乱獲されているという現実。個体数の減少が深刻化している鮫への畏敬の念をもち、本来あるべき個体数を回復すること、それは作家にとって世界平和のための重要な第一歩なのです。
今展で岡西が発表する新シリーズのタイトル「青曲」。作品では通常書で用いられる墨の代わりにアクリル絵具が用いられ、水深15mの海の中で泳ぐ鮫の優雅であり時に獰猛な動きを、鮫本来の青みがかった灰色に光を写し、尊敬の念を込めたシルバーの曲線で表現しています。鮫ならではの雅致ある泳ぎに世界平和への願いを重ね、自身の書技でしか体現できない究極の線描で訴えかけていきます。

yuuna_okanishi

青曲1

青曲1

DATA
作家名岡西佑奈
作家HP
okanishi-yuuna.com
会期2018年1月31日(水)ー2月25日(日)
会場WhitestoneGallery KARUIZAWA Gallery2&3
会場詳細
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
軽井沢ニューアートミュージアム 内

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ