アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

近畿

誰でもない肖像

作家名:斉藤高志

会期:2月27日(水) ~3月19日(火)

会場:JR大阪三越伊勢丹3F「DMO ARTS」

■作家プロフィール
1980年生まれ、千葉県出身、東京都在住
1997年、イラストレーター野口佐武郎氏の主宰する「スタジオ・オブ・イラストレーターズ」に入学。精密なリアルイラストレーション作品の模写を中心とした実践的カリキュラムにより写実的な表現技法の基礎を学ぶ。2000年に同校を卒業後、しっかりとした量感表現をベースとしながらもさらにフォルムの単純化や輪郭のブレなどを取り入れたオリジナル様式の作品制作を始める。

■作家コメント
誰でもない肖像 – Portrait of nobody

ある誰かを描くことではなく、誰かを描くとき、どのような描き方があるか、

なかでも、強い普遍性を持った画面を作るためにはどのような描き方をするべきか、ということに興味があります。

また、作品について鑑賞者に自由に想像させる余地を残した「抽象性の高さ」と

それとは一見相反するような、作品を見た瞬間にぱっと伝わる「力強い実在感」を

ひとつの画面で両立させる、ということも大きな目標です。

そのような両義性を単一の画面に持たせることが可能であるというのは

絵画特有のとても重要な性質であると思います。

そして自分の求める理想の作品に少しでも近づくためには、

絵画を魔法のようなものではなく、理にかなった技術体系として捉え、

実験と検証を繰り返しながら、少しずつ頭で理解し、手で覚えていくしかありません。

作品を鑑賞するに際してそこにはどのような仕組みが働いているのかということについて私は

「ある絵を人が観て感情的に良いと感じるとき、常にその裏では論理的な正しい構造が機能している。」

と仮説しました。それは言い換えれば

「人は一瞬の判断で、その作品を構成する秩序の合法則性を感覚的に察知することが出来る。」

ということでもあります。私にとって作品づくりとはそれを検証するための実験です。

作品に普遍性や両義性を持たせることが出来ているか?瞬間に感知出来るほどの力強い構造美を潜ませることが出来ているか?ぜひ一緒に審判してみていただければ幸いです。

■その他展覧会について
オープニングレセプション:3月2日(土)18:00-20:00

「DMO ARTS」は大阪のFMラジオ局「FM802」のアートプロジェクト「digmeout(ディグミーアウト)」によるアートギャラリーです。

「201212_001」 パネルにアクリル 42x29.7cm、2012年

「201212_001」 パネルにアクリル 42x29.7cm、2012年

DATA
作家名斉藤高志
作家HP

http://saitotakashi.com

会期2月27日(水) ~3月19日(火)
会場JR大阪三越伊勢丹3F「DMO ARTS」
展覧会image

カテゴリー:近畿

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ