アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 近畿 > 藤江由実子・脇さち子 二人展(ペン細密画・アクリル画)

展覧会リリース

近畿

藤江由実子・脇さち子 二人展(ペン細密画・アクリル画)

作家名:藤江由実子・脇さち子

会期:2013年11月12日(火)~24日(日)10:00~18:00(最終日は16:00まで)月・木曜休廊

会場:coffee&galleryリベラル

■作家プロフィール
藤江由実子
細密ペン画にて世界の民族衣装を描いています。
油性ペンにて黒猫とインドのメヘンディの絵を手掛けています。
どちらも模様に込められた意味を大切に丁寧に線を置いています。

脇さち子
アクリル画
息づく植物の無常と循環、宿る精霊の幻想世界を表現

■作家コメント
藤江由実子 細密ペン画
つけペン手描きにて世界中の民族衣装を描いています。
民族独特の模様を一つ一つ丁寧に描く細密画を得意としており、衣装や祭りに込められた想いを感じながら線を置いています。
最近では油性ペンを使い、黒猫とインドのメヘンディを組み合わせた絵も手掛けており、今回も6点展示致します。
メヘンディとはインドのヘナを使った消えるボディアートの事です。
模様には色々な意味が込められており、太陽は「力」、蝶は「成長」を表します。
今回の二人展でにて民族衣装ではその衣装が用いられる祭りや儀式の説明。
黒猫とメヘンディではメヘンディの意味も説明文を読んで頂いて楽しんで頂けたらと思っています。
お越し頂けたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

脇さち子 アクリル画
多肉植物や苔、野菜などを通して、そこに息づく生命の根源や宿る精霊の幻想世界を表現する。
目に見える世界と、目に見えない世界を重ね合わせ常に瑞々しく再生し、永遠の無常と循環を目指す空間。
自然の未知の面白さと、その瞬間のとき(時間)を描くためまだ見ぬ愛しい彼らに出会い、育む事を心待ちにしている
近年の作品は、宿る精霊がそこから離脱し、自らを俯瞰する景色から解け合い そして、覚醒する世界をシュールに表現する。

■その他展覧会について
土・日は会場にいる時間が多いです。
水は脇さち子が会場にいる時間が多いです。

脇さち子 リズム

脇さち子 リズム

藤江由実子 バラ祭り(ブルガリア)

藤江由実子 バラ祭り(ブルガリア)

DATA
作家名藤江由実子・脇さち子
作家HP

http://www.dab.hi-ho.ne.jp/yuzuya/

会期2013年11月12日(火)~24日(日)10:00~18:00(最終日は16:00まで)月・木曜休廊
会場coffee&galleryリベラル
会場詳細

阪神芦屋駅より海側へ徒歩6分
芦屋市浜芦屋町1-8 TEL:0797-34-7111
駐車場有

展覧会image

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ