アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 近畿 > 玉本奈々 向き合う時間

展覧会リリース

近畿

玉本奈々 向き合う時間

作家名:玉本奈々

会期:2014年4月5日(土)~27日(日)

会場:ギャルリー宮脇

■作家プロフィール
1976年富山県生まれ。成安造形大学卒業後、アパレルデザイナーとして就業。退職後より美術家に専念。京都造形芸術大学大学院芸術研究科修了。
主な賞歴として「Grand Concours International,France」栄誉賞(2006) 個展に「玉本奈々の世界」O美術館,東京(2002)、世界遺産相倉合掌造り集落(2007)、「真相-深層」尼信博物館(2012)、「向き合う時間」枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター市民ギャラリー(2014) グループ展に「現代美術の展望VOCA展」上野の森美術館(2004)、とやま現代作家シリーズ「時の中で-」富山県立近代美術館(2007) ワークショップに「ジュニア☆アート☆ワールド 天までのぼれ!ねがいの龍」高岡市美術館(2011~2012)、「増殖×集積」枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター市民ギャラリー(2014) 著書に「マスクの旅路」文芸社(2009)などがある。

■作家コメント
人が何かと向き合うとき、時は刻まれ、そこに世界が生まれる。美術作品の創作も、そしてまた観賞も「向き合う」という営みにほかならない。それは創る者にとっても観る側にとっても各々に「生」を思念し、平和を祈る時間となるだろう。
有機的形状の繊維造形物と融合した特異なレリーフ状絵画とインスタレーションで知られる現代美術家・玉本奈々の作品には、堆積した深遠な時間と創造への熱い思いが何層にも織り重なっている。格子状に細かくミシン糸は縫い込まれ、あたかも古木の樹皮か珊瑚のような質感のオブジェと化した布やガーゼの塊と、飛沫上の色彩、樹脂による凸上波紋などが、豊穣なマチエールを生み出している。
玉本奈々は、その抑えきれない創造的エナジーによって、不滅の生命力を見つめ、祝福するという、芸術の原始的意義を今日に具現している。

■その他展覧会について
4月5日(土)の夕刻5時~7時、作者を囲みレセプションを催します。

 

 

 

 

 

 

DATA
作家名玉本奈々
作家HP

http://www.kcat.zaq.ne.jp/ta-ncan-ma/

会期2014年4月5日(土)~27日(日)
会場ギャルリー宮脇
会場詳細

京都市中京区寺町通二条上ル東側 〒604-0915

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ