アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 近畿 > 「 うつす、 うつる、」

展覧会リリース

近畿

「 うつす、 うつる、」

作家名:中尾美園

会期:2018年12月21日[金] ─ 2019年1月13日[日]

会場:Gallery PARC

■作家プロフィール
2006年 京都市立芸術大学大学院美術研究科保存修復専攻修了

2018年
個展「紅白のハギレ」(ギャラリー揺/京都)
個展「あすの不在に備えて」(元崇仁小学校/京都)

2016年
飛鳥アートヴィレッジ2015「明日香の匠展」(県立万葉文化館/奈良)
Assembridege NAGOYA 2016 現代美術展「パノラマ 庭園 -動的生態系にしるす-」(ボタンギャラリー/愛知)
個展「Coming Ages」(Ns ART PROJECT/大阪)

2015年
個展「図譜」(Gallery PARC/京都)
アーティスト・イン・レジデンス「飛鳥アートヴィレッジ2014」(国営飛鳥歴史公園/奈良)

■作家コメント
もう90歳に届こうとしている大叔母は、小学校の登下校中に駅前の本屋の軒先に飾られていた正月飾りのしめ縄を見て「きれいやなぁ」と思った。
「真似してみよう。」と作ってみたら、できてしまった。
それから戦争、結婚を経て、嫁ぎ先の家業の合間に本格的に作り始めて60年以上経つ。
もうすでに大叔母の地域では、しめ縄を作る人は大叔母ただ一人だけ。
今では少し離れたお店にも商品として求められるように なった。
マネして身に付けた技は、いつから唯一のホンモノに変わりはじめるのか。

子どもの頃から、大叔母のこの手仕事を見てきた私。
今、きちんと向き合ってみようと思っている。

作家自身の身体を通過して蓄積されたもの(制作物など)を通じて、他人の記憶・身体性の深化と未来への伝達や変化、その残余物を提示する。 同時に、人がコピーする行為を通じてできた新たな「生(コピーのコピー)」のあり方、コピーとオリジナルの入れ替わりもみていく。
しめ縄は日本の神道との関係が深く、その歴史も古い。価値のありようは本来的には土地の風土や習慣、文化に大きく基底されることにも若干触れつつも、本展覧会では一 人の女性の人生の中の重要な位置を占める生業としての 「しめ縄作り」(行為)の方に焦点をおく。

■その他展覧会について
詳細は下記よりご覧ください。
http://www.galleryparc.com/exhibition/exhibition_2018/2018_12_21_nakaomien.html

M01_nakao

「花嫁のみらい」 巻子(紙本着色)、額装(紙本着色)、展示ケース、アートソーブ、解説パネル 2016

M04_nakao

「遠い未来 近い将来」 巻子(紙本着色)、桐箱、ブラックライト、色見本(紙本着色) 2016

TS_small

DATA
作家名中尾美園
作家HP

http://www.eonet.ne.jp/~nakaomien/

会期2018年12月21日[金] ─ 2019年1月13日[日]
会場Gallery PARC
会場詳細
〒604 - 8165 京都市中京区烏帽子屋町502 3Fオフィス
〓室町・六角北東角 室町通側入り口より2F / 3F / 4F〓

〒604 - 8165 京都市中京区烏帽子屋町502 3Fオフィス
室町・六角北東角 室町通側入り口より2F / 3F / 4F

備考

11:00〜19:00 金曜日のみ20:00まで
 *月曜日および12月30日[日]─ 1月4日[金]は休廊。

 [前期展示] 20

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ