アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

土田圭介展「219.#002」

作家名:土田圭介

会期:6.27(木)〜7.3(水)

会場:ギャラリーニイク

■作家プロフィール
土田圭介(KEISUKE TSUCHIDA、1974年 – )
新潟県出身。千葉県在住。
京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)卒業。
主に個展で活動。無所属。

鉛筆画

雰囲気を出すための描き方
私の描き方は、鉛筆の縦のストロークを使って描くという普通の鉛筆画と比べると、時間のかかる効率の悪い描き方ですが、私のイメージした世界を表現するのに一番良い手法だと思っています。
頭の中にあった世界が陰影を描き込み、どんどん目の前で形が出来上がっていくのはとても面白く、幸せを感じる瞬間です。
ここではそんな私の制作風景を御紹介していき、この感覚をぜひみなさんと共有していきたいと思います。
※公式WEBサイトより

受賞歴

二科デザイン部イラスト部門 奨励賞(2002年)(東京都美術館、上野の森美術館)
デザイン展CHIBA2002 千葉美術協会賞一席(2002年)(千葉県立美術館)
二科デザイン部イラスト部門 大賞(2003年)(東京都美術館、上野の森美術館)
デザイン展CHIBA2003 会友賞(2003年)(千葉県立美術館)
二科デザイン部自由部門部門 特選賞(2004年)(東京都美術館、上野の森美術館)
二科デザイン部イラスト部門 奨励賞(2004年)(東京都美術館、上野の森美術館)
二科デザイン部自由部門部門 特選賞(2005年)(東京都美術館、上野の森美術館)
二科デザイン部イラスト部門 奨励賞(2005年)(東京都美術館、上野の森美術館)
二科デザイン部自由部門 会友賞(2006年)(東京都美術館、上野の森美術館)
千葉市展 千葉市長賞(2007年)(千葉市美術館)
千葉市展 千葉市美術館長賞(2008年)(千葉市美術館)
二科デザイン部イラスト部門 会友賞(2008年)(国立新美術館)
二科デザイン部イラスト部門 会友賞(2009年)(国立新美術館)
千葉市展 依嘱優秀賞(2009年)(千葉市美術館)

主な展覧会

個展(市川)2010年
個展(銀座 小野画廊Ⅱ)2010年
個展(銀座 EHARA GALLERY)2012年
個展(銀座 ミレージャ ギャラリー)2012年
個展(表参道 ギャラリー二イク)2013年

■作家コメント
ギャラリー219さんでの個展もありがたい事に今回で2回目となりました。
これから何回出来るか分かりませんが、夢や希望を未来へつなげていくという思いも込めて「219.#002」とナンバリングをあえて3ケタにしました。

今回のメインになる「自分革命」という作品には、まわりに合わせていてもどこか生きづらさを感じるといった、そんな誰もが持っている感覚。
今よりも上等な人間になろうと頑張り、失敗し心を削られながら
自分なりの理想を見つけ、またそこに近づこうとあがいていく
・・・そんな感覚を作品に込めました。
見る人によっては前向きにも、また反対に暗い作品と感じるかもしれません。
感じ方は人それぞれ、本物の力を持つ作品は作者の思いを超え、見る人を感動させます。
私はそんな作品を目指して毎日絵を描いています。
他の作品たちも同じ気持ちで描いています。
全てが鉛筆で描かれた世界で静かに心を震わせていただけたら幸いです。

「自分革命」 ワトソン紙 鉛筆 木製パネル 鉛筆画 652×530mm 2013年

「自分革命」 ワトソン紙 鉛筆 木製パネル 鉛筆画 652×530mm 2013年

DATA
作家名土田圭介
作家HP

http://ksk-art-gallery.p2.bindsite.jp/index.html

会期6.27(木)〜7.3(水)
会場ギャラリーニイク
会場詳細

営業時間 11:00〜19:00
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-2-19
tel/fax 03-3479-2775
E-mail info@gallery219.com
アクセス:表参道A2口 2分

展覧会image

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ