アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

七人展 群像のかたち

作家名:金城孝祐 山田淳吉 坂本龍幸 青山拓磨 白子慶 阿部峻 柿崎覚

会期:2013/10/1〜10/7 10:00〜19:00(最終日17:00まで)

会場:こんぱる前室・こんぱる中室 中央区銀座8-7-5金春ビル4F

■作家プロフィール
坂本龍幸 武蔵野美術大学大学院造形研究科2010年修了
山田淳吉 東京芸術大学大学院美術研究科2013年修了
金城孝祐 武蔵野美術大学大学院造形研究科2010年修了
白子慶  武蔵野美術大学大学院造形研究科2011年修了
阿部峻  武蔵野美術大学大学院造形研究科2011年修了
柿崎覚  武蔵野美術大学大学造形研究科2012年修了
青山拓磨 武蔵野美術大学造形学部2009年卒業

■作家コメント
絵画というひとつの「イリュージョン」は、現実の外にある一方で、触れられる世界以上のリアリティをときに提示しています。今日のような混迷を極める現代社会において存在を見つめ直すとき、そのような意義を再発見できるのではないでしょうか。このたびの展示では、若きアーティストたちの「現代に生みうる絵画」の挑戦として、筆を揮っています。暗色を基調とした中で鈍く輝き観る者を深い世界へと誘う坂本龍幸。緻密な筆跡の集積で量を作り出し、うねるような風景を描き出す山田淳吉。厚塗りの絵の具を縦横に走らせ、色鮮やかに画面を構成する金城孝祐。静物の息をひそめるたたずまいの中に、確かな質感を滲み出し張り巡らせる青山拓磨。繊細な筆致を基に、幽玄の空間を醸し出し詩情を誘う白子慶。深い哀愁の中にたたずむ動物たちをその内面までをも描きだそうとする阿部峻。そして光と影の鮮やかなコントラストをリズミカルに浮き上がらせる柿崎覚。

何が未来を切り開くのか――その解をさぐるよう、ご堪能いただければと思います。

二匹のサル 油彩、100×80cm、2013年

二匹のサル 油彩、100×80cm、2013年

DATA
作家名金城孝祐 山田淳吉 坂本龍幸 青山拓磨 白子慶 阿部峻 柿崎覚
会期2013/10/1〜10/7 10:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場こんぱる前室・こんぱる中室 中央区銀座8-7-5金春ビル4F

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ