アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > internal←→external 森 夕香 戸張 花

展覧会リリース

東京

internal←→external 森 夕香 戸張 花

作家名:森夕香 戸張花

会期:2016年9月7日(水) – 9月23日(金)

会場:LOKO GALLERY

■作家プロフィール
森夕香 Yuka MORI
1991年 滋賀県出身
2015年 パリ国立高等美術学校 派遣交換留学
2016年 京都市立芸術大学大学院修士課程 日本画専攻 修了

戸張花 Hana TOBARI
1993年 東京都出身
2016年 多摩美術大学大学院 博士前期課程美術研究科 彫刻専攻 在学中

■その他展覧会について
日本画家・森夕香と彫刻家・戸張花による2人展を開催いたします。独自の身体感覚を絵画で探求する森と、細密かつ重厚な鉄の彫刻を追求する戸張。一見すると異質な組み合わせですが、その作品に深く接していくと思わぬ共通点が浮かび上がってきます。

2人の作品を考えるキーワードの1つに“境界線”が挙げられるかもしれません。森が「自然と人間」「自分と他人」といった様々な事物が持つ境目への意識をなくしていくことを理想とする一方で、戸張の制作では「目に映る部分と隠された部分が共存する表裏一体の関係性」が大きなテーマになっています。境界線の超越、もしくはその内外の融合といった志向性は2人に通底するものです。

あるいは使用する素材へのこだわりや、それを選択する理由を比べてみるのも興味深いでしょう。熱によって変形し、時とともに錆び朽ちていく鉄の性質に、戸張は「自然の流れ」 を見出します。「自然のように人の心を動かす作品」を目指す彼女にとって、溶接を重ねていく長い制作過程は不可欠なものです。他方で森は「心地よい実感のある絵肌」を求め画材を選択します。日本画の美人図が持つ、触れたくなるような肌の表現。油彩特有の湿度感や温度感。「五感の記憶を刺激する絵画」を生み出すべく、森は作品によって画材を柔軟に変えていきます。異なるジャンルでありながら、自らの深い実感に基づき素材の選択と制作を行っている点で、彼女たちは密接にリンクしているといえるでしょう。

意識と感覚、自然と人間、絵画と彫刻……2人の作品に深く触れることで、さまざまな境界の内外を行き来し、新世代のアートの一側面が軽やかに照射されるような展覧会となれば幸いです。

internal←→external 森 夕香 戸張 花

internal←→external 森 夕香 戸張 花

DATA
作家名森夕香 戸張花
会期2016年9月7日(水) – 9月23日(金)
会場LOKO GALLERY
会場詳細

〒150-0032 東京都 渋谷区 鶯谷町 12-6
TEL:03-6455-1376
MAIL:info@lokogallery.com
URL:http://lokogallery.com
東急東横線 代官山駅 正面口より徒歩 6 分 / 各線 渋谷駅より徒歩 10 分

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ