アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

みちくさ展

作家名:小林絵里子

会期:2009年11月25日~30日

会場:積雲画廊

小林絵里子
■作家プロフィール
絵かき。
自然に関するイラスト、絵画作品による展覧会活動を行っている。

展覧会DM

展覧会DM

【最近の主な展覧会】
2004年  個展・丸の内さえずり館
個展・ジュンク堂書店池袋本店
2005年  個展・さいか屋横須賀店 ギャラリースペース
個展・積雲画廊
2006年  ジュンク堂書店池袋店
2007年  ART BOX ギャラリー 2人展
個展・積雲画廊
伊勢丹府中店
2009年  ハイラムブラウベルトミュージアム(ニュージャージー州)

【主なイラスト、挿絵】
総合百科事典「ポプラディア」(ポプラ社)、フリーペーパー「konoha」、
「BIRDER」(文一総合出版)、「はらっぱのおはなし」(PHP出版)など。
2009年、鳥のヒナの冒険を描いた初めての絵本「ちびっこぴいた」(こぐま社)を刊行。

ばんざい

ばんざい

■作家コメント
自然の中には、とにかくいろんなメッセージがちりばめられていると思います。
それをどれだけ受け取れるだろう、と感覚を澄ませていますが、常に新しい発見があって、なんだか自然から試されているような気分になります。
大自然に向かわなくても、足元の小さな自然もいろんなことを教えてくれますが、気づかずに見過ごしていることも、きっとたくさんあります。

今まで鳥を描くことが多く、「鳥の絵かきさん」と思われている方も多いのですが、このごろ縁あって”雑草”と呼ばれる草花を描くことが多く、近所を歩き回ってたくさん取材しているうちに、彼らの持つ「表情」をイラストでなく絵で表現してみたいと思っていました。

今回の個展「みちくさ展」では、初めて扱う「竹和紙」に水彩で、つい見過ごしてしまいそうな植物たちを描いた作品を中心にまとめました。
「竹和紙」を使おうと思ったのは、今まで使っていた外国製の水彩紙ではなく、日本人として、日本の紙を見直したいと思ったことからでした。

全国各地にある竹林はいま、森林と同じく、手入れがされずに放置され、荒れ放題のところが多くなっています。 解決方法のひとつは、使うこと。竹の繊維を使った製品はいろいろありますが、水彩画にも使える紙があると知り、一番身近に自分が出来ること、としてこれを使ってみることにしました。

■その他展覧会について
「きのこ・植物・虫展」
2009年11月12日~17日 12:00~19:00(最終日16:00)
場所:アートイマジンギャラリー
東京都国立市東1-15-33 ヒロセビル502
042-595-9612
http://www.art-imagine.com
アクセス:JR国立駅より徒歩5分
*ジャンルを超えたアーティスト8名によるグループ展です。
14日(土)16:00~ ギャラリートーク&上映会があります。
詳細はアートイマジンギャラリーへお問合せください。

「第二回 ミックスアート展」
2010年2月19日(金)~24日(水)
場所:(財)品川O美術館 東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ2号館2F
アクセス:JR山手線「大崎駅」徒歩1分
会場時間:19日(金)14時~18時30分、20日~23日10時~18時30分、24日(水)10時~16時30分
お問合先:アートイマジンギャラリー 042-595-9612
yf-web@art-imagine.com

DATA
作家名小林絵里子
作家HP

http://www2.odn.ne.jp/eris-arts

会期2009年11月25日~30日
会場積雲画廊
会場詳細

〒150-0001渋谷区神宮前1-19-14 サンキュービル1F
tel:03-3478-0993
http://www.sekiungarou.com/

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ