アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > “infinity” 金澤裕子 個展

展覧会リリース

東京

“infinity” 金澤裕子 個展

作家名:金澤裕子

会期:2017年9月9日(土)~11日(月)、16日(土)~18日(月・祝)

会場:ギャラリー吉祥寺

■作家プロフィール
福島県出身
筑波大学 芸術専門学群 総合造形専攻卒業

【展覧会】
2015. 11  見る言葉展 @吉祥寺 ギャラリー彩
2016. 9  Full Full展 @下北沢 バロンデッセ
2017. 3~9  Ailes展  @救世軍清瀬病院
2017. 9  infinity展 @ギャラリー吉祥寺

■作家コメント
“infinity”(無限大)
限界を超えたいと思っていた。
時間の限界、
体の限界、
考えと心の限界。
もがけど超えられなかった。
でもある時から光を見つけて、
ひとつ、
またひとつ、
超えるようになった。
そうしていつしか
「無限大」な世界が私の目の前に広がっていた。
その経緯と
無限大で多様な世界を
作品たちにこめてお届けします。

***

私が本腰を入れて絵を描きはじめたのは、2013年頃。
絵を描くための財産といえば、高校時代に朝から晩まで絵を描き続け、
美大(と肩を並べる大学)に何とか受かるくらいに鍛え上げてもらった画力。
それと、ここ10年程の間にずいぶん成長させてもらった精神面。
元々ネガティブな考えが強く、生き苦しさを感じていたくらいだったから、
人生を無条件楽しんでいる今の私がいることは奇跡だと思っている。

恩師はいつも、絵を描く前に「自分の人生を傑作品につくりなさい」と、その身をもって教えてくれた。
磨かれた精神性から、良い作品が生まれると。

正直なところ、私は心の奥底から「絵を描きたい!」と求めるほど、絵を描くのが好きでもない。
そういう情熱を持って没頭する人のことを羨ましくも思ったりもする。

それでも、私には表現したいことがあるし、表現しなければならないことがあると思い、
そのために絵を描く。
まだまだ実力は及ばないながらも、日々感謝で筆を取る。

私は、小さな革命を起こしたいのだ。
まずは自分自身の中から。
人生を味わい深い傑作品につくり上げ、
発展的なものを生み出す人生を生きたいと願っている。

そして、私に変化をもたらした言葉や体験などを作品に込めて、
押し付けることもなく、見てくださる人の心に自然と響き、
その人生に小さな変化を与えられるような、
そんなことを願って今日も絵を描いている。

■その他展覧会について
入場無料

"infinity" アクリル、1150×484(画像は一部)、2017年

"infinity" アクリル、1150×484(画像は一部)、2017年

rgb-yukokinei

"絶壁の作品松" アクリル、530×652、2017年

"絶壁の作品松" アクリル、530×652、2017年

DATA
作家名金澤裕子
作家HP
http://developing-dodoko.wixsite.com/yukok-artworks7
会期2017年9月9日(土)~11日(月)、16日(土)~18日(月・祝)
会場ギャラリー吉祥寺
会場詳細
(吉祥寺駅北口から徒歩1分)
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目9−2

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ