アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > 今井陽子 個展 「ぱられる世界そうち」

展覧会リリース

東京

今井陽子 個展 「ぱられる世界そうち」

作家名:今井陽子 YOKO IMAI

会期:2017年10月9日(月)~10月14日(土) 11時~18時30分(日曜休廊)

会場:NICHE GALLERY

■作家プロフィール
・横浜生まれ
・東京藝術大学油画科卒

・絵画制作の傍ら、生涯学習指導(絵画)に
通信教育(NHK学園講師)と直接指導の二本立てで25年携わる。
【活動実績】 ・2000年 銀座 センターポイント個展
・2013年 銀座 NICHE GALLERY 個展「えそらみつ」
・2015年 第33回 上野の森美術館大賞展 優秀賞受賞
・2015年 FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
・2015年 銀座 NICHE GALLERY 個展「えそらそうち」
・2016年 FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
・2017年 銀座 NICHE GALLERY 個展「ぱられる世界そうち」

■作家コメント
「何が、どう描かれているかを伝えるような絵よりも、頭の理解ではない何らかの感覚が喚起されるような絵に惹かれます。
絵の前に立ったら、知らずに視点が動かされ、身体に微妙な揺らぎが生じて広がり、固まった思考か散っていくような、そんな絵画作品がいつか作れたらいいなと思っています。」
(第33回 上野の森美術館大賞展入賞者展より引用)

「ぱられる世界そうち」というタイトルについて
9年前、エミリー・ウングワレー作品にであった時、「絵画は身体の感覚を揺さぶる装置なんだな」と感激し、前回の個展「えそらそうち」から使っている言葉です。
この2年間の間に大切な人、大切な場所を失い、パラレルワールドには失われた人と暮らす日常があり、失われた水辺が生き生きと在るに違いない、と思ってみる。
そんな気持ちで制作しました。

IMG_20171002_131714

失われる水の場所(部分)120号

失われる水の場所(部分)120号

水辺の愉しみ 20F

水辺の愉しみ 20F

DATA
作家名今井陽子 YOKO IMAI
作家HP
http://yoko-i.com/
会期2017年10月9日(月)~10月14日(土) 11時~18時30分(日曜休廊)
会場NICHE GALLERY
会場詳細
〒104-0061 東京都 中央区銀座3-3-12 銀座ビル3F
URL: http://nichegallery.tokyo/

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ