アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > 『SILENT WORLD』山田悠人写真展

展覧会リリース

東京

『SILENT WORLD』山田悠人写真展

作家名:山田悠人

会期:5月25日(金)〜6月10日(日)

会場:表参道ROJI

■作家プロフィール
東京都出身。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業、広告制作会社勤務を経てニューヨークに渡米。帰国後フリーランスデザイナーとして活動。
2013年よりドイツの首都ベルリンに活動拠点を移し、写真家としても活動を開始する。デザイナーとしてのスキルを生かしたグラフィカルな写真表現を得意とし、近未来的な夜景、歴史的背景とストーリーを持つ廃墟を撮影。近年では拠点であるベルリン、出身地である東京を中心に国内外で作品展示を行っている。
オフィシャルHP : https://yuto-yamada.com
インスタグラム : tokio_kid

■作家コメント
写真を撮り始めたのは、些細なきっかけだった。
ベルリンへ移住した当時、湖のほとりに住んでいて、目の前に広がる美しい景色を家族や友人たちとシェアしたいと思ったからだ。その後、ストリートアーティストの友人が廃墟へ絵を描きに行くと言うので、連れて行ってもらったことが廃墟を撮影し始めるきっかけとなった。
第二次世界大戦後に、東西に分断されていたベルリンには、いくつもの廃墟が存在する。ソビエト連邦(ドイツ民主共和国=DDR)が統治していた東ドイツ(ドイツ共和国)には、共産主義時代の面影を残した巨大な建物や施設が放置されたままになっている。東京で生まれ育った自分は、その圧倒的な存在感、非現実的な異空間に引き寄せられ、探索し、撮影することに虜となっていったのだった。それからというもの毎週のように、ベルリン市内やベルリンの郊外、さらにはドイツを飛び出し、さまざまな国々の廃墟を探訪し、撮影し続けた。気付けば、3年以上の時が過ぎていた。
日本に住んでいたら、絶対に目にすることのできない「“静寂の世界”(Silent World)」。それは美しくもある、特異な空間だ。かつての情景を想像しながら、その静けさと重ねられた時の移ろいを堪能して欲しい。
そこには、時代と風化が創り出したストーリーが息づいている。
ーーーーーーー
3年以上の年月をかけて撮影した、世界の静謐な美しい廃墟写真をまとめた写真集が刊行されました。
同時に写真展を開催中ですので、ぜひ、お越しいただければ嬉しいです。

■その他展覧会について
場所:SPACE TGC
日程: 6月1日(金)~6月8日(金)
時間:11:00~20:00
オープニングレセプション:6月1日(金)18:00~20:00
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-4 B1
TEL:03-6264-6569
https://www.facebook.com/SPACE-TGC-1684333888554302/

DATA
作家名山田悠人
作家HP
http://yuto-yamada.com
会期5月25日(金)〜6月10日(日)
会場表参道ROJI
会場詳細
〒107-0062 東京都港区南青山3-18-4-103
TEL:03-6804-1714
平日13:00~19:00、土・日13:00~20:00

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ