アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

古川巧展 2018

作家名:古川巧

会期:7月23日~28日

会場:ステップスギャラリー steps gallery

■作家プロフィール
1950年平塚生まれ
1972年東海大学芸術学科卒業
1980年個展(銀座かなめや画廊)
1982年第5回埼玉美術の祭典(浦和)
1983年japan’3(平塚)
個展(平塚フクスケ画廊)
1983年第6回埼玉美術の祭典(埼玉県立美術館)
1984年第19回神奈川県美術展(神奈川県民ホール)
INTER GRAFIK (旧東ドイツ)
japan’3ヨコハマ(横浜市民ギャラリー)
1985年第10回国際ミニチュア版画展(ニューヨーク)
二人展(根本和・古川巧)
古川巧と明日の作家展(銀座 小野画廊)
1986年ラジカルカントリーアート展(平塚 ギャラリー臼元)
japan’3 KANDA(神田真木画廊)
個展(山形 ルミエール)
1987年バルパライソビエンナーレ(チリ)
1988年個展(銀座 村松画廊)
1989年個展(京橋 アートギャラリー京ばし)
個展(秦野 丹沢美術館)
1990年個展(銀座 ギャラリー現)
1991年名栗湖野外美術展(埼玉)
滝沢アートフィールド(岩手)
1992年個展(京橋 アートギャラリー京ばし)
個展(銀座 村松画廊)
名栗湖野外美術展(埼玉)
1993年個展(京橋 アートギャラリー京ばし)
1994年高麗山湘南’94(平塚市美術館)
接展’94(京橋 アートギャラリー京ばし)
1995年名栗湖野外美術展(埼玉)
接展’95(京橋 アートギャラリー京ばし)
1996年湘南コンテンポラリーアート’96(茅ヶ崎文化会館)
1997年接展’97(京橋 アートギャラリー京ばし)
1998年接展’98(京橋 アートギャラリー京ばし)
1999年接展’99(京橋 アートギャラリー京ばし)
2000年接展’00(京橋 アートギャラリー京ばし)
2001年接展’01(京橋 アートギャラリー京ばし)
個展(京橋 アートギャラリー京ばし)
2002年接展’02(京橋 アートギャラリー京ばし)
2003年接展’03(京橋 アートギャラリー京ばし)
2004年接展’04(京橋 アートギャラリー京ばし)
個展(京橋 アートギャラリー京ばし)
2007年二人展(高橋勉・古川巧 平塚駅ビル)
2011年個展(秦野 ギャラリー楓)
2014年個展(横浜 アートマニアカフェギャラリーヨコハマ)
2015年iapan’3 2015(茅ヶ崎市美術館)
2016年個展「居酒屋二軒ともうひとつ展」
(横浜 アートマニアカフェギャラリーヨコハマ)
(横浜 居酒屋我が家)(横浜 包丁処たち花)
2017年横浜開港アンデパンダン展(横浜市民ギャラリー)
2018年横浜開港アンデパンダン展(横浜市民ギャラリー)
アートカクテル(銀座 ステップスギャラリー)
個展(銀座 ステップスギャラリー)

■作家コメント
このホルベインに、また自分なりの意見を載せるとしよう。あくまで私見である。
僕が初めて個展をやったのは1980年、銀座8丁目の「かなめや画廊」であった。ここは、銀座の老舗呉服店でその2階が画廊だったが、僕が個展をやってまもなく画廊はすぐ閉廊してしまった。呉服店は今も健在である。
80年代より銀座界隈に多くの美術画廊ができ始めた。所謂貸し画廊である。美術もわからないくせに、ただ不動産屋のようにビルの一室を借りそれを又貸しする商法である。空きさえ出なければ、座っているだけでいいのだ。日本がバブル期に突入し始めたころだ。画廊とは、そもそも画商と呼ばれる人が作品を売る場所のことだ。画廊が貸しているなら画廊主が率先して売らなければいけないだろう。でも無名作家にそんなことまでする画廊主はほとんどいない。ただの場所提供だけ・・・!画商が売るとしたら世間で名の知れた作品をどこかで手に入れ、それをコネを通じて売る。名が知れていれば、その作品が屑みたいなものでも売れる世間。貸し画廊でやる無名作家はほとんど売れないのだ。これでは若い作家が育つわけない。
でも、80年代は銀座、神田の現代美術は活気があった。発表する側としては売れなくても、展示することや人との出会いが楽しかったのだ。老舗の画廊ともなると、そこそこの有名作家が来たり、評論家などが回っていた。ほとんど口聞いてくれなかったけどね…!
いま、銀座ではこういう現象見かけなくなっちゃいましたけど。そんなことを百も承知で、貸し画廊で何十年もも発表をし続けているバカなわたくし。貸し画廊を儲けさせているだけなのだ。最近、銀座の画廊も続々閉鎖している。オーナーが亡くなったり、高齢でやめていく現象だ。借り手の我々も高齢化している。借り手がいなくなる日も近い。

■その他展覧会について
現在、横浜開港アンデパンダン展に参加しています。

DSC0419-2

色山水

色山水

DATA
作家名古川巧
作家HP

会期7月23日~28日
会場ステップスギャラリー steps gallery
会場詳細
東京都中央区銀座4-4-13 〒104-0061

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ