アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > 森 康志 写真展『ハットリくん』

展覧会リリース

東京

森 康志 写真展『ハットリくん』

作家名:森 康志

会期:2018年10月17日(水)~10月29日(月)※火曜日定休日 12:00〜19:00(最終日17:00まで)

会場:キチジョウジギャラリー

■作家プロフィール
森 康志(モリ ヤスシ)
1980年神奈川県生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了
写真スタジオ勤務を経て、半沢健 氏に師事後、写真家として独立。
グループ展:「fotofever 2018」 Carrousel du Louvre, Paris
「Neko Project」 IBASHO gallery, Antwerp /Galerie ARGENTIC, Paris
La Fontaine Obscure, Aix en Provence / Olivier Bourgoin, Marseille
受賞歴:Neko Project 最優秀賞

●作家ホームページ
http://yasushimori.com/

■作家コメント
わたしの家にはハットリくんという猫がいます。
ハットリくんは、2011年の東日本大震災の時、福島の双葉町から疎開してきました。
わたしは当初、猫の写真なんてさほど興味がなかった。
しかしハットリくんと一緒に過ごしていると、孤独と同時に漂う愛しさに徐々に惹きつけられていきました。

ある日、フィルムの最後の数コマに写した写真を見た時、自分にそっくりな顔をしたハットリくんがそこにはいました。
フィルムのボロボロの粒子の向こうから命をへばり付けるように、じっと見つめている、その瞳。
故郷を遠く離れ、すっかり飼い慣らされてしまった本能が、わたしだけに垣間見せる野生の表情がそこにはありました。

「愛するものを撮ること」

小さな窓の向こうに流れる景色にわたしたちは身を任せ、いつまでも夢中のまま写真を撮っていたい。
でも、猫の時計はすごく速いスピードで進むから、わたしを追い越して先に止まってしまうことも知っている。
わたしはその時までこの不思議で捕まえどころない生き物を、愛し、わたしにしか見えないハットリくんを捕まえたい。

この写真たちは、わたしとハットリくんが歩んできた愛の物語です。

map

1017DM

DATA
作家名森 康志
作家HP
http://yasushimori.com/
会期2018年10月17日(水)~10月29日(月)※火曜日定休日 12:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場キチジョウジギャラリー
会場詳細
JR中央線/吉祥寺駅徒歩9分 京王井の頭線/井の頭公園駅徒歩1分
住所:〒181−0001 
東京都三鷹市井の頭3−32−16セブンスターマンション105
メール:info@kichijojigallery.com

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ