アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > Roppongi α Art Week 2019「 川本渓太 × しろこまたお」展

展覧会リリース

東京

Roppongi α Art Week 2019「 川本渓太 × しろこまたお」展

作家名:川本渓太・しろこまたお

会期:2019年2月12日(火)〜3月2日(土) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

会場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi (ヒデハルフカサクギャラリー六本木)

■作家プロフィール
川本渓太
1997 年 長野県生まれ
2015 年 多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 入学
【主なグループ展】
2017 年 世界絵画大賞展 東京都美術館
2017 年 ターナーアワード ターナーギャラリー
【主な受賞歴】
2017 年 世界絵画大賞 ホルベイン工業賞
2017 年 ターナーアワード 入選

しろこまたお
【画歴】
2017 第11期学生企画展 Art Program Run!「アートdeぼうけん!ラボランド」(アートラボはしもと/相模原市)
2017 第6回FEI PRINT AWARD (FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/横浜)【美術の窓賞】
2017 日本版画協会 第85回記念版画展(東京都美術館/上野)
2017 第205回 ザ・チョイス (松昭教さん審査)【入選】
2017 「西武信用金庫カレンダー原画公募」【’17第7回,’18第8回優秀賞】
2018 AOMORIトリエンナーレ2017 Classical部門 棟方志功国際版画大賞(青森県立美術館/青森)
2018 第9回武井武雄記念日本童画大賞(イルフビエンナーレ) (イルフ童画館/長野)【審査員特別賞】
2018 第17回南島原市セミナリヨ現代版画展(南島原市ありえコレジオホール/長崎)
2018 第19回ノート展【編集部賞】
2018 第35回ザ・チョイス大賞展
(山脇美術専門学校 山脇ギャラリー/東京 平和紙業株式会社ペーパーボイス大阪/大阪)
2018 第7回FEI PRINT AWARD(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/横浜)【求龍堂賞】
2018 第11回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ(大野城まどかぴあ多目的ホール/福岡)
2018 第62回CWAJ現代版画展(ヒルサイドフォーラム/代官山)
2018 第6回 東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2018(多摩美術大学美術館/東京)
2018 蔵書票展−Exlibris 2018ー(f.e.i art gallery/横浜)

■作家コメント
川本渓太
何を描いて良いか分からなかった大学2年、なんとなく私は、幼少期に作った仮面を装着して、自分の姿を写真に収めた。撮れた写真はとても奇妙なもので、私はそれを絵に起してみようと思った。抽象的な言葉になるが、私は完成した作品からとても空虚なものを感じた。
人間の存在にとって核心的な意義を持つ「顔」が、仮面という「モノ」にすり替わる事によって生じる違和感。そこに興味を抱いた。仮面というのは、民俗学的に言えば、神や精霊に成り代わる装置であり、心理学的に言うと、内面と外界を分裂させてた自分の姿であり、謂わば、目に見えない仮面(ユングのペルソナ)である。無意識に選び取ったこのモチーフを通して、仮面と人の奇妙な関係性や、そこから浮かび上がる人間の精神を模索したい。

しろこまたお
どこの国でもない、どこの民族でもない、どの時代でもない物語。
そんな物語を描くことができないかと考えている。
木版によって、紙上へ刷り重ねられたイメージは、やがて幾層ものインクの重なりとなり、もうひとつの景色を写し出す。
スナップ写真のように切り取られた幾多の景色は、わずかな動きや変化とともに、物語として繋がってゆく。
いつしか物語は、私の手を離れ、遠い彼方で愉快に遊んでいるようだ。
どこの国とも知れない文字によって語られるこの物語は、永遠の時間を纏っている。
物語を語るこの文字を私自身にも読むことはできないが、それはおそらく読めなくてよいのだろう。
わからないがゆへの空想が物語を満たしてくれる。
書物を眺めるひとりの”愛読者”のように、私は寡黙に物語を拝読していたい。

■その他展覧会について
この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、Roppongi α Art Week 2019「 川本渓太 × しろこまたお」を開催致します。
毎年、六本木の国立新美術館では、東京五美術大学連合卒業・修了制作展が行われています。その開催期間に合わせ、六本木の画廊が集い、将来的に有望な若い学生の作品展「Roppongi α Art Week」と称した企画展とスタンプラリーを行っています。Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、次世代を担う若手作家を応援すべく、今年も参加させて頂くこととなりました。本年はスタンプラリーに加え、学生の作家が、自らの作品をギャラリストに売り込む機会をつくるべく、ポートフォリオレビューと題した新企画もあわせて開催いたします。
当画廊で選出した作家、川本渓太( 油彩)・しろこまたお( 版画) の2 名は、 実力と才能を兼ね備えた期待すべき若手作家であり、自信を持ってご紹介致します。しろこまたお氏は、弊廊グループ主催の「第7 回FEI PRINT AWARD」にて求龍堂賞も受賞されました。それぞれの作家が作り出す特別な空間を是非ご堪能下さい。

________________________________________________________________________

DATA
作家名川本渓太・しろこまたお
会期2019年2月12日(火)〜3月2日(土) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi (ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
会場詳細
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」8番出口 目の前
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分
備考

開催イベント:参加gallery を巡るスタンプラリー、
スタンプを集めた方にはポストカードをプレゼント予定

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ