アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

夜明け前のメメント

作家名:おおばさくら

会期:2019年5月17日~19日

会場:Gallery NIW

■作家プロフィール
武蔵野美術大学油絵科を卒業。
日常わたしたちが纏う“空間”を捉え、無常や自我などをテーマに制作する。活動は平面だけに留まらず、近年はライブペイントイベントなどにも参加している他、インスタレーション・ダンス・芝居など、リアルタイムな場を使った表現方法にも積極的に挑戦している。

■作家コメント
不変のものなどないのに、なぜ人間は永遠を求めようとするのか。
そもそも、人間こそが終わりに向かって生きていく。その有限の中で何かを留めようとする意味は何にあるのか。そういうものをずっと考えています。わたしと、セカイと、キミ。
私は特定の何かについて話す、というのが極端に苦手。今も何を書こうかと考え2時間も経ってしまった。それでも、話さなくてはいけないときもある。今みたいに。
なので、昔書いた文章でいまここに載せたいなと思うものを引用します。

ーーー
表現をしていると往々にして“全て脱ぎ捨てろ”という旨のアドバイスや指摘を受けます。これを否定するつもりはありません。ナマナマしさというのは、搾り出した先に生まれると思うからです。苦悩して纏った衣を脱ぎ捨てた先に、人間の“コア”があります。私も出来るだけ自分のコアを取り出してどうにか自分のドロドロした部分を、“リアル”を、つらくて悲しい感情を、あるいはそれを乗り越えた先の感情を。どうにか表現したくて、もがいて何度も悲しかったこと辛かったことをキャンバスやステージに表現する方法を模索してきました。
でも、どうしても出来なかった。
綺麗ごとばかり吐いてしまうのです。
それは時にはつまらないと切り捨てられたりしました。
でも、果たしてそれは全ての表現者に必要なものなのでしょうか。本音を言うと私は極力“脱ぎたく”ありません。できれば回避したいです。脱いでそれをみてもらう、そこにまた服を着せればいいんだよって、そんな感じなんだろうけど、何で一度、自分の裸を見なくちゃいけないんだろう。つらいなあ。それに、コアって本当にそういうものなのかな。私は魂は透き通っているものだと思っています。どんな環境でどうやって生きていても魂だけはみんな美しいんだと思っています。それをいろんな経験が覆ってしまうだけ。だといいなあ。という希望。
そのために、自分が信じているものや理想を描き続けようと思いました。つまらないとまた切り捨てられてもいいや。そう思いました。表現の素晴らしいところは「嘘をついてもいいから」なんだって感じたから。心を動かすのはドラマですが、ドラマティックには困難がつき物。現代は“生身感”や“リアル(本音)さ”というものの需要が加速していると感じます。隠してるものを暴露する爽快さや、“ドラマ感”、それが本当につらくて悲しくなるときがあります。
それがリアルなのかもしれない、本当はそうするべきなのかもしれない、だけど、私は透き通ったものを信じているよって言いたい。
たとえ綺麗ごとでも。
ーーー

流れていく時間の中で、きっとこの文章が“自分”とは乖離していく日があるんだろうと思う。でもそれが生きていくということなのだと思う。美術は戦いであると思う。たくさんの傷跡を残しながら、私は、この世界に何かを探して今日も絵を描いている。

■その他展覧会について
過去作と新作が一挙に並ぶ3日間。表題にもなっている“記憶”がテーマの新作「memento」、昨年Twitterにて行った連続投稿企画「#今日の迷路」より選抜された作品のほか、在学時に制作された大型作品なども蔵出しします。

sehr ruhig2 油彩、F50、2012年

DATA
作家名おおばさくら
作家HP

https://creatorsbank.com/prnmgmg/

会期2019年5月17日~19日
会場Gallery NIW
会場詳細

〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ