アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > 廣中薫 個展 「Butterfly(+stroke)Drawing」

展覧会リリース

東京

廣中薫 個展 「Butterfly(+stroke)Drawing」

作家名:廣中薫

会期:2010年2月3日(水)~13日(土)12:00~19:00(最終日は19:00まで)

会場:GALLERY LARA TOKYO

■作家プロフィール
画家・イラストレーター/鎌倉生まれ。   多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。  成安造形大学准教授。2004年より、複数ののアトリエにて制作を始める。短いスパンでの移動により現れるイメージ/夢・旅・何気ない日常をモチーフに、 いろいろな感覚的絵画的実験を試みている。

■作家コメント
2004より、西日本ー関西ー関東、それぞれのアトリエにて制作。
自分自身が、生活の中での’短い時間のスパン’に街を空間移動する事からの、’偶然の比較により浮上’し、’見てしまうこと’となる、’同時代的ズレ’イメージ。
<浅く、または、ぺたりとした>人やモノの距離感の差違、表面的なモノのズレ、トシ・ムラそれぞれ類似する街の中に潜む共通要因の発見..
<時X街XヒトXモノ>の組み合わせによる多様な距離感をモチーフに、絵画的実験、新たな視点を模索している。
日々のドローイング日記。

■その他展覧会について
手法として、光を捕らえ/春に向かい、永遠や時空を移動する生物感覚での/スケッチを試みました。
題名 : 蝶=Butterfly(+stroke)drawing
1). Butterfly drawing 蝶の羽動の様/空間移動-途中経過を記録した点の集合体/空間に広がり繋がるスケッチ。日々のドローイング日記。
2). Butterfly(+stroke)drawing、(+stroke)のコトバ同様、水泳バタフライ泳法的にダイナミックで絶対的なはっきりとした強さを持った生物的本能的なスケッチ。
‘虫ホーム’
ギャラリー内を展示期間、小さな生物的に<街で集めた>イメージを再構成して巣作り。

DATA
作家名廣中薫
会期2010年2月3日(水)~13日(土)12:00~19:00(最終日は19:00まで)
会場GALLERY LARA TOKYO
会場詳細

東京都港区西麻布1-3-21 1F
TEL:03-3403-8690

http://gallerylara.sakura.ne.jp/
http://web.mac.com/pinecco/news/

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ