アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

展覧会リリース

東京

Han-geul Typography

作家名:Kim Sup(キム ソプ)

会期:2019/4/12(金)~4/16(火) 12:00~19:00(最終日は18:00まで)

会場:ギャルリー・ジュイエ

■作家プロフィール
弘益大学校美術大学視覚デザイン科卒業(1996年2月)

〈ハングル文字研究会〉結成ならびに活動(1992年~1996年)
世宗大王記念事業会主催ハングルデザイン公募展優秀賞 (1993, 94.95年度連続)
「デザイナー歴史を読む展」(全州、2002年)
「ハングル文字研究会10周年記念展」(ソウル文化日報ギャラリー、2002年)
ハングルの日記念「新しいハングル文字で対話しよう「ハングル展」(空門、 2009年)
「ハングル文字研究会20周年記念展」(近現代デザイン博物館、2012年)
「国際文字芸術展」(2013、中国湖南師範大学美術大学美術館)
「ねえちゃん ジャガイモの花、おとうとコトバの芽」展 (2014年 ソウル 九老アートベリー)
「あんさん、これ知っとる」個展(2015年 ギャラリー アーティオン)
ソプ氏 文字 個展 (2018年、ソウル 韓屋青)
2019年4月11日 東京神保町チェッコリ http://www.chekccori.tokyo/(ブックカフェ)にて講演(予定)

■作家コメント
押す文字

韓国固有の文字ハングルは子音記号と母音記号の組み合わせ。私はそこからハングルを4つの単純なハンコであらわすことを思いつきました。ハングルはたった4つの基本線のコンビネーションで作れるのです。

「文字を刻印する」
これが私の作品の核心です。版画なら10枚、100枚と同じ作品を作ることもできるでしょう。でも、私の作った4つの基本線から作られるハングル文字はちがいます。表情があるのです。こどもが押すのか、おとなが押すのか…

ぎっしりと目の詰んだ文字、ゆとりのある文字、曲がりくねった文字、背筋の伸びた文字。押してみると、そのこと自体がなんて楽しいことか気付いていただけるでしょう。瞬時にのびのびと立ち現れるこの文字を、私は「即席文字」と呼んでいるのです。

Han-geul Typography

Han-geul Typography

DATA
作家名Kim Sup(キム ソプ)
会期2019/4/12(金)~4/16(火) 12:00~19:00(最終日は18:00まで)
会場ギャルリー・ジュイエ
会場詳細

東京都杉並区高円寺北3-41-10 メゾンジュイエ1階
JR高円寺駅北口徒歩9分
http://www.juillet.jp/

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ