アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 東京 > 樋口雄一展「平和のOS(「平和の方程式」をインストールしたAIロボット)」、樋口ひろ子展「吉祥少女~百年のかりそめ~」

展覧会リリース

東京

樋口雄一展「平和のOS(「平和の方程式」をインストールしたAIロボット)」、樋口ひろ子展「吉祥少女~百年のかりそめ~」

作家名:樋口雄一・樋口ひろ子

会期:2019年5月21日(火)〜 6月1日(土) 

会場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi (ヒデハルフカサクギャラリー六本木)

■作家プロフィール
樋口ひろ子・ヒグチヒロコ・Hiroko Higuchi
千葉県在住
トキワ松学園女子短期大学造形美術科グラフィックデザインコース卒(現・横浜美術大学)
デザイン会社勤務後イラストレーターに
2008年よりファインアートの制作をはじめる

偕成社「コミックモエ」谷山浩子賞
サンリオ出版「詩とメルヘン」イラストコンクール佳作
現創展 キャラクターアート部門 2014銀賞2015金賞
現創展 絵画部門2015奨励賞

個展
2008.11 「蘭の名前」麻布十番ギャラリーモナ
2009.7 「吉祥の系譜」銀座ArtLabTokyo
2011.10 「少女草子」茅場町ArtLabTokyo
2017.11 「少女式庭園」京橋銀座かわうそ画廊

アートフェア
2008.8 ART TAIPEI 2008(台湾)
2009.7 Australia(オーストラリア)
.11 東京コンテンポラリーアートフェア(新橋 東京美術俱楽部)
2014.3 アートフェア東京(日比谷 国際フォーラム)
2016.5 アートフェア東京(日比谷 国際フォーラム)
2019.1 ONE ART TAIPEI(台湾)

百貨店
2017.12 美人画の未来 グループLoutle(かわうそ)選抜展(阪神梅田百貨店)
2018.5  ザ・ニュスペーパー福本ヒデと愉快な仲間たち絵画展(京王百貨店聖蹟桜ヶ丘)
2018.10 東武船橋絵画市(東武船橋)
2018.12 Osaka Art Fes 2018 (阪神梅田百貨店)

美術館収蔵
2011.1 「作家王国・I氏コレクション展」高崎市民ミュージアム
2015.11 「今どきアート〜コレクターI氏の密かな楽しみ」富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

その他グループ展多数参加

樋口雄一
■ 1951年新潟県生まれ。酪農家の長男として生まれる。
漫画家になるのが夢で高校を卒業し上京。ちばてつやさんの門を叩くが「もっと社会勉強をして来る様に」と言われ採用されず。

絵の描ける仕事ならなんでもいいと考えアクセサリー会社でアクセサリーのデザインから、
イベント会社でキャバレーの看板等を描いていた。

1974年、当時田端にあったグラフィックデザインの会社に就職する。
最初はイラストレーター(スーパーカーのパッケージ等)からスタートするが、
やがて玩具のデザインでスケッチがメインに、立体になるのが楽しかった。

その後製造販売会社のおもちゃの企画開発を手伝う事になり、やがてプレゼンもする様になる。
さらにアニメ制作会社からの依頼でアニメのメカ設定の仕事が回ってくる。

私が関わった主なアニメ作品
1979年 サンライズ制作の「科学冒険隊タンサー5」のメカニックデザイン。
1980年、引き続きサンライズの依頼を受け「伝説巨神イデオン」をトミーにプレゼンする。
1981年、国際映画社のJ9シリーズの銀河旋風ブライガーのメカニックデザインを担当。
百獣王ゴライオン、ロボットデザイン。
1982年、魔境伝説アクロバンチ、メカニックデザイン
1983年、銀河疾風サスライガー、メカニックデザイン
1986年、ワンダービートS(スクランブル)のメカニックデザイン担当。

2003年 JAZZのサックス奏者矢野沙織さんと知り合い彼女を油絵で描いてライブハウスで個展。
その後も伊藤希美子さんなど描いてライブで個展を何度か続ける。

2007年会社をやめてフリーのデザイナーになる。

2009年2010年は向島でイラストレーターや画家(約40人)を集め向島アート展を敢行。

2011年から柏に引っ越す。

アニメーションの方は
2012年(株)スクエアエニックスのゲーム(ラスボス的)ロボットデザイン。
2014年(株)ボンズのスペースダンディでのロボットキャラ「アレー」のデザインを担当する。
玩具は
2014年(株)タカラトミーの「そば打ち名人」の商品デザインやのパッケージも担当。

2012年から柏のアートイベントに参加し始める。
5月 柊展(グループ展)、
10月アートライン柏(個展)
12月キャラクターアート展(市ヶ谷/グループ展)

この後は毎年、同じイベントが毎年続く。

2016年10月 アートライン柏に参加(個展)
株バンダイのミニプラモの発売に合わせて、伝説巨神イデオンのパッケージとおまけのポスターを制作。新作イラストとして個展でも展示。

2017年からは、主人公が戦わないAIロボットなって活躍する主人公をテーマに絵を描き始める。
(「平和のOS(方程式)」を脳に組み込んだAIロボット)

2018年
3月 銀座「かわうそ画廊」 グループ展に参加
5月 柏市民ギャラリー、柊展グループ展参加
8月 銀座「かわうそ画廊」で二人展
10月 池袋ハンズでHow House主催「ゆけ!俺のロボット展」に参加
10月 千葉県柏、アートライン柏で(個展)
11月 大洞院で二人展
12月 キャラクターアート展 市ヶ谷のバロン吉元さん主催グループ展に参加。

■作家コメント
樋口雄一
1974年からイラストレーター兼デザイナーとして主に玩具に関わってきました。その作品はアニメーションにもなったりもしましたが、世界観やストーリーは監督やシナリオライターにゆだねていました。言わば「仏を作って魂入れず」だったと思います。
そこで今度は、かつて兵器に変形したロボットは、災害用やインフラ整備、建設機械や快適な仮説住宅に変形させるなど、平和のロボットとして描いてみたいと思います。
更にストーリーとして、主人公は人型AIロボットとなって蘇り、世界中のコンピューターに「平和のOS(方程式)」をインストールする為に活動をはじめます。
お互い認めたルールはネットワークで監視し合あいます。それは冷戦とは違って武器を無くした状態で行うのです。
美しい女性はAIガールとして主人公を助けるサブキャラとして活躍します。
そんな理想の世界の実現を夢見て描いていこうと思います。

樋口ひろ子
私の絵の事、ぼんやりと。

「十三詣り」っていう言葉が好き。

この頃の女の子が好き。

大人断ちの着物、
肩上げをして。
束の間、子供と大人の狭間を行き来する。

振り袖は女の子の将来を案じ
くりかえしくりかえし描かれ続けた吉祥文。

一瞬と永遠。

其れが此処にはある気がするのです。
其れが私の絵のテーマの様な気がするのです。

■その他展覧会について
この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、樋口雄一・樋口ひろ子両氏による2フロアに分かれた個展を開催致します。樋口雄一氏による「平和のOS」(「平和の方程式」をインストールしたAIロボット)」展、樋口ひろ子氏による「吉祥少女~百年のかりそめ~」展を1階、地下1階の会場にて開催。

樋口氏はメカニックデザイナーとして「伝説巨神イデオン」などアニメーションに登場するロボットやメカニックのデザインのほか、玩具のデザインを手がけてきました。メカニックに特化した樋口雄一だからこそ、中庸な判断をしてくれる、裁判に特化したAIに判断をゆだねる、二国間の妥協出来る最大公約的な判断をさせるようなそんな理想の世界の実現を夢見た世界を描いていきたいと語る独自のロボット、メカの世界をご覧いただけます。本展では、雄一氏による主人公が戦わないAIロボットとなって活躍する物語をテーマにしたロボット、美しいAIガールを描いたオリジナル作品の他、氏が手がけた伝説巨神イデオン、J9等のロボット原画も展示致します。
また、妻のひろ子氏は画家・イラストレーターとして活躍、「少女の幸福と成長を祈ること」
をテーマに吉祥文様のあしらわれた振袖を身につけた少女を描く「吉祥美少女絵」で多くの人を惹きつけています。ひろ子氏による少女の成長と幸福を祈り、一瞬と永遠をテーマにした華やかな吉祥美少女絵をご覧いただけます。夫婦二人による彩り鮮やかな世界をお楽しみください。

開催期間:2019年5月21日(火)〜 6月1日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊
*5月25日(土)六本木アートナイトイベントの為、22時まで営業予定
5月25日(土)17時よりレセプション開催、その他、トークショー等のイベント予定。

DATA
作家名樋口雄一・樋口ひろ子
作家HP

https://hananokodou.wixsite.com/artist-painter-1
http://www.mandala-web.info/

会期2019年5月21日(火)〜 6月1日(土) 
会場Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi (ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
会場詳細

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ