アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 展覧会リリース > 中部・北陸 > バリ島で生まれた画家 「タジの世界展」

展覧会リリース

中部・北陸

バリ島で生まれた画家 「タジの世界展」

作家名:タジ

会期:11月15日(木)~11月20日(火)

会場:妙香園画廊 3階

■作家プロフィール
個展歴:
- 2016年 10月 妙香園画廊 名古屋栄
- 2016年 12月 丸栄百貨店
- 2017年 04月 丸栄百貨店
- 2017年 05月 名鉄百貨店一宮店
- 2017年 07月 名鉄百貨店一宮店
- 2017年 08月 近鉄百貨店四日市店
- 2017年 10月 妙香園画廊 名古屋栄
- 2017年 11月 丸栄百貨店
- 2018年 05月 近鉄百貨店大坂上本町店
- 2018年 08月 近鉄百貨店四日市店
- 2018年 11月 妙香園画廊 名古屋栄

その他:
- 2018年 3月 第68回浜松アートフェスティバル
- 2018年 7月 東北・熊本復興支援チャリティー

入選受賞歴:
- パリ国際サロン出展(2010年)
- 新槐樹社展 入選(2012年)
- フランス「サロンドトーヌ」 入選(2013年)
- ポルトガル美術賞展 入選(2014年)
- 現展 入選(2012/2013/2014/2015/2016/2017年以降毎年)
- 現展 受賞(2014/2017年)
- 中部現展 入選(2012/2014/2015/2016年/2017年以降毎年)
- 中部現展 受賞(2014/2015年)

■作家コメント
「夢をみた」
今回の個展のメインとして選んだ油絵作品のタイトルです。
夢をみた余韻が残っている。はっきりと思い出せないけど、感覚が夢を知っている。
あのなんとも言えない、思い起こせない、あの心の感覚は楽しいですね。

そんな言葉にできない感覚を、作品を描く時にとても大切にしています。
感覚は頭で計算できないことをスッとやってくれます。
偶然と思える一本のラインやひとつの色合いが、必然のように作品を生かし、動きを与え、描いている私をも驚かします。感覚は私たちが思っている以上に、より多くを知っていて、私たちに新しい景色を見せてくれるのでしょう。

見えないものを感じて、その感覚が絵になる。
見える絵から、見えない感覚を感じとる。

「夢をみた」をはじめ、その他の作品は多くのことを皆さまに感じさせるでしょう。
皆さまの心に、余韻が残るような作品であれば嬉しいですね。
言葉にならない感覚が表れる作品を「タジの世界展」で是非楽しんでください。

■その他展覧会について
タジは10年間のバリ島移住生活の中で絵画を独学で始め、2016年より日本に拠点を移し初個展を開催。その後も展示会や百貨店など多くの場で活動している画家。
顔や目をモチーフに、ひとの内面にある「多面性」をテーマに作品を制作している。

taji

夢をみた、油彩、H60.6xW41.0cm、2018年

夢をみた、油彩、H60.6xW41.0cm、2018年

DATA
作家名タジ
作家HP
http://www.tajicollection.com/
会期11月15日(木)~11月20日(火)
会場妙香園画廊 3階
会場詳細
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目14-14

カテゴリー:中部・北陸

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ