アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術公募情報 > デザイン > 「乳がんの早期発見の大切さ、検診の必要性」を伝える「第6回ピンクリボンデザイン大賞」全国から作品募集中

美術公募情報

デザイン

「乳がんの早期発見の大切さ、検診の必要性」を伝える「第6回ピンクリボンデザイン大賞」全国から作品募集中

発信日:2010年06月15日(火) 

主催ピンクリボンフェスティバル運営委員会((財)日本対がん協会、朝日新聞社ほか)

応募締切平成22 年7月2日(金)(当日消印有効)

ピンクリボン シンボルマーク

【ピンクリボンデザイン大賞募集要項】
ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。日本人女性の16 人に1人が乳がんになるといわれています。毎年、約5万人が乳がんにかかると推定され、1万人を超える方が命を失っています。乳がんは、早期発見すれば治癒率が高いがんですが、乳がん検診受診率は、まだまだ低い状況です。乳がんを自分の問題として意識することの大切さ、そして検診の必要性をあなたの力で伝えてください。あなたのデザイン、そして言葉が「命」を守ります。
【募集内容】 乳がんの早期発見の大切さを伝え、検診を呼びかける作品
【募集部門】 ①ポスター部門 ②東京都コピー部門 ③ノベルティ部門(ミニトートバッグ)
【審査員】 審査員長:中村禎氏(コピーライター)
神谷幸之助氏(コピーライター)、国井美果氏(コピーライター)、
高井薫氏(アートディレクター)、中村聖子氏(クリエイティブディレクター)、
渡邉良重氏(グラフィックデザイナー)
【贈賞関係】
①ポスター部門:最優秀賞1点(50 万円贈呈)、優秀賞2 点、入選2 点、佳作20 点
②東京都コピー部門:最優秀賞1 点(10 万円贈呈)、優秀賞2 点、入選2 点
③ノベルティ部門(ミニトートバッグ):最優秀賞1 点(20 万円贈呈)、優秀賞2 点、入選2 点
●入賞者には、記念品を贈呈する予定です
●東京都コピー部門の入賞者には、東京都から副賞を贈呈します
【結果発表】 ピンクリボンフェスティバル公式サイト(10 月1 日)
AERA(10 月発売号予定)
宣伝会議(10 月1日発売号)
au one 健康(10 月予定)
GLITTER(10 月7 日発売号)
【作品使用】
①ポスター部門: ●広告原稿(AERA、GLITTER) ●駅張りポスター、中吊り広告 ●au one 健康 ほか
②東京都コピー部門: ●中吊り広告のコピーとして使用予定。
③ノベルティ部門: ●ピンクリボンスマイルウオークの記念品、協賛企業ノベルティとして使用(昨年は合計約16,000 個作成)
【募集規定】 ①ポスター部門
・A4タテサイズ(キャッチフレーズも含んだ作品を制作してください)
・B1、B2 ポスターになることを前提に制作してください。ポスター化にあたりリサイズ、一部修正していただく場合があります
②東京都コピー部門
・A4サイズ
・「キャッチフレーズ」または「キャッチフレーズ+ボディコピー」どちらでも可
・乳がんでの死亡率が全国で最も高く、検診受診率が低いという東京都の実情を踏まえ、マンモグラフィ検診による早期発見の大切さを啓発する作品を募集します
③ノベルティ部門(ミニトートバッグ)
・デザインのサイズは縦120mm、横180mm の四角枠内におさまるようにしてください。
・ミニトートバッグの大きさは縦200mm、横224 mm、幅120mm です(持ち手除く)
・ピンクリボンマークを使用してください。マークは公式サイトからダウンロード、あるいは自分でデザインしていただいても結構です
・色はベタ(グラデーションは不可)のみとし、4色まで使用可
・日々の生活の中で、手元に置くものとして、ピンクリボンを身近に感じ、愛着を持ってもらえるようなデザインを募集します

【注意事項】 下記の注意事項に同意の上でご応募ください。
1.乳がん患者の方および関係者の気持ちにご配慮ください。
2.乳房が露出している作品は交通広告として掲出することができませんので、ポスター化対象作品としては選出されません。予めご了承ください。
3.入賞作品の著作権に関する権利は主催者である(財)日本対がん協会および朝日新聞社に帰属します。また、入賞作品の使用に関して著作者は著作者人格権を行使できないものとします。入賞作品の広告使用などに関する使用料などは原則発生しません。
4.未発表のオリジナル作品に限ります。今後提案予定のある作品についても応募できません。応募者は応募作品に関して、知的財産権など第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。第三者の知的財産権を侵害する疑いのある作品については、審査結果後であっても受賞を取り消すことがあります。
5.審査状況や審査結果に関するお問い合わせには応じられません。
6.応募作品は返却しません。
7.応募いただいた方の個人情報は(財)日本対がん協会が取得し、今後のイベントなどのご案内のために利用させていただくことがあります。
8.応募の受付に関する業務は、㈱宣伝会議に委託しています。
9.本企画以外でのピンクリボンフェスティバルのピンクリボンマークの使用は、許可なくできませんのでご了承ください。

【応募方法】 作品の応募は1作品ごとに上から
①指定の応募用紙(複写可、ただし原寸サイズ) ②作品の順に重ね、左上をホチキスまたはクリップなどでとめてください。
*応募作品数に制限はありません。1名(1グループ)何作品でも応募可能です。
*応募形式が守られていない場合、応募は無効となります。
*応募用紙は以下のサイトからダウンロードしてください。
http://www.pinkribbonfestival.jp/
*応募用紙の郵送を希望する方は返信用切手を貼った封筒(住所・氏名を明記)を同封のうえ、下記事務局までお送りください。
【応募先】 〒107-8880 赤坂郵便局留「ピンクリボンデザイン大賞」事務局
【応募締切】 平成22 年7月2日(金)(当日消印有効)
*上記応募先まで郵送にてお願いします。
*作品の到着に関するお問い合わせはお受けできませんので、余裕を持って応募いただきますようお願いします。
【主催】 ピンクリボンフェスティバル運営委員会((財)日本対がん協会、朝日新聞社ほか)
【後援】 厚生労働省、東京都、(社)日本医師会
【特別協力】 ㈱宣伝会議、トランスメディア㈱〔GLITTER〕、au one 健康〔運営:mediba〕
【支援】 Re-born リボンの会
【協力】㈱千趣会、キリンビバレッジ㈱、メスキュード医療安全基金、三井生命保険㈱

【お問合せ先】
「ピンクリボンデザイン大賞」事務局
〒107-8550 東京都港区南青山5-2-1 NBFアライアンスビル4階 宣伝会議内
TEL:03-6418-3321
E-mail:pink-ribbon@sendenkaigi.co.jp

カテゴリー:デザイン

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ