アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 海外 > 国立新美術館 国際展|ジャポニスム2018 公式企画 「MANGA⇔TOKYO」

美術館展覧会

海外

国立新美術館 国際展|ジャポニスム2018 公式企画 「MANGA⇔TOKYO」

会場:ラ・ヴィレット グランド・ホール<フランス・パリ>

会期:2018年11月29日(木)~12月30日(日)

イラストレーション:吉成曜 ©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net / ©カラー / ©武内直子・PNP・東映アニメーション / ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 / ©創通・サンライズ / ©TOHO CO., LTD.

イラストレーション:吉成曜 ©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net / ©カラー / ©武内直子・PNP・東映アニメーション / ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 / ©創通・サンライズ / ©TOHO CO., LTD.

秋葉原の街並み  撮影:後藤武浩

秋葉原の街並み 撮影:後藤武浩

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品は、都市〈東京〉の特徴や変化を、鏡のように映しだしてきました。この展覧会は、そのさまざまな描写を、多数の原画や模型、映像などでたどります。現実の都市の特徴がいかにフィクションに影響を与え、方向付けてきたのか。またそれらフィクションやそのキャラクターが、現実の都市にいかなるイメージを重層的に付与し、作用をおよぼしてきたのか。この展覧会は、日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮の展示であると同時に、そこに映し出され、さらには人々の記憶の中で重ね合わされた、〈東京〉を展示します。「聖地巡礼」など、アニメやゲームが観光資源として注目される中、その意味や可能性に光を当てます。
同展は、2015年に国立新美術館で開催した「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」に続き第2弾となる展覧会であり、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として開催されるものです。都市〈東京〉の複合的体験を提供する企画展示となる同展では、約90点のコンテンツの出品が予定されています。

※会場はフランス・パリのラ・ヴィレットです。国立新美術館(東京・六本木)での開催ではありません。

DATA
会場ラ・ヴィレット グランド・ホール<フランス・パリ>
会場URL

https://lavillette.com/plan-du-parc?view=overall

会期2018年11月29日(木)~12月30日(日)
開館時間日~木:10:00~19:00、金・土:10:00~20:00
料金

15ユーロ(一般)

主催

国際交流基金、国立新美術館、文化庁、一般社団法人マンガ・アニメ展示促進機構、ラ・ヴィレット

ホームページ

ラ・ヴィレット<フランス・パリ>:https://lavillette.com/evenement/manga-tokyo/(フランス語)

国立新美術館展覧会ページ:http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/MANGA-TOKYO/

カテゴリー:海外

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ