アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 中国・四国 > 江戸の奇跡・明治の輝き 日本絵画の200年

美術館展覧会

中国・四国

江戸の奇跡・明治の輝き 日本絵画の200年

会場:岡山県立美術館

会期:2019年3月15日(金)~4月21日(日)

伊藤若冲《花卉双鶏図》江戸中期(18世紀) 個人蔵

伊藤若冲《花卉双鶏図》江戸中期(18世紀) 個人蔵

竹内栖鳳《アレ夕立に》明治42(1909)年  高島屋史料館

竹内栖鳳《アレ夕立に》明治42(1909)年 高島屋史料館

鮮やかな色彩やグロテスクな形といった強烈なビジュアルとともに、伊藤若冲や曽我蕭白の名前をテレビや雑誌で目にした方も多いでしょう。彼ら奇想の画家たちが再評価されて久しく、とりわけ近年はかつてない「江戸絵画ブーム」といわれます。さらに昨年は明治元年より150年という記念の年として、日本が近代化を進めたとされる「明治時代」にさまざまな角度からスポットが当てられました。
江戸時代、百花が乱れ咲くように多くの流派がそれぞれに傑作を生み出します。しかしこの江戸の「奇跡」はゼロからの創造ではなく、多くは前時代の作品や、中国・西洋からの舶載画を学習したうえに成り立っています。また、横山大観や菱田春草ら明治時代の日本画家たちが放つ「輝き」も突然ではなく、江戸時代の基礎を引き継いだからこそ成しえた革新によるものではなかったでしょうか。この展覧会では近年話題の江戸・明治の日本絵画をまるごと取り上げ、重要文化財16件を含む約180件を通してこの激動の時代の輪郭を辿ります。
2019年春、岡山で、日本絵画史にきらめく江戸明治200年の旅へと皆さまをご案内します。

※会期中、一部展示替があります。
前期:2019年3月15日(金)~31日(日)、後期:4月2日(火)~21日(日)

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2019年3月8日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場岡山県立美術館
会場URL

https://okayama-kenbi.info/access-2/

会期2019年3月15日(金)~4月21日(日)
休館日月曜日 ※3月18日(月)は特別開館
開館時間9:00~17:00 ※3月15日(金)は10:00~17:00、3月29日(金)は19:00まで開館。※入館は閉館の30分前まで。
料金

一般1,300円、65歳以上1,100円、高・大学生800円、中学生以下無料
※前売券:1,100円(一般のみ)、ペアチケット〈一般2枚/1人で2回の利用も可〉:2,000円
※20名以上の団体は2割引
※65歳以上の方は年齢を確認できる証明書を、学生の方は学生証をご持参ください。
※本展観覧券で同時期開催の「岡山の美術」展もご覧いただけます。 

問合先

岡山県立美術館
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48
TEL:086-225-4800 FAX:086-224-0648

主催

岡山県立美術館、山陽新聞社

ホームページ
特設サイト:https://c.sanyonews.jp/event/edomeiji/
美術館サイト:http://okayama-kenbi.info

特設サイト:https://c.sanyonews.jp/event/edomeiji/

美術館サイト:http://okayama-kenbi.info

カテゴリー:中国・四国

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ