アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 中国・四国 > タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館所蔵  ムーミン展 The Moomin’s World ― From the Tampere Art Museum Moominvalley

美術館展覧会

中国・四国

タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館所蔵  ムーミン展 The Moomin’s World ― From the Tampere Art Museum Moominvalley

会場:広島県立美術館

会期:2010年2月16日(火)~3月28日(日)

タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館所蔵 ムーミン展

森と湖の国・フィンランドで最も著名なアーティスト、トーベ・ヤンソン(1914-2001)によるムーミンの物語とそのキャラクターは、世界中で愛され続け、30カ国以上で出版されています。本展は、ムーミン全9話の中から、タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館が所蔵するオリジナル原画やスケッチ等約 200点と、門外不出といわれた立体模型(日本初公開)を展示します。ムーミンの魅力を探る初めての本格的な展覧会です。

その他の関連イベント
映画上映
日時:2月20日(土)~2月26日(金)
広島会場:サロンシネマ(チラシ記載分から変更となりました)
電話:082-241-1781
※詳しくは上記劇場へお問合せください。

絵本の読み聞かせ会
日時:2月20日(土)・28日(日) 10:00~  13:30~
朗読:広島ホームテレビアナウンサー
会場:3階企画展示室内
※無料です。但し、特別展入館券が必要です。

よくわかる解説付き「ムーミン展」鑑賞会
日時:2月21日(日)13:30~
講師:広島県立美術館学芸員
会場:地階講堂
※定員200名(先着順)です。事前の申込みは不要です。※聴講無料です。
※聴講される方は、お得な団体割引料金で展覧会入館券を購入できます。

講演会「ムーミンの国フィンランド」
日時:2月27日(土) 13:30~
講師:木村 正裕(フィンランド大使館 上席商務官)
会場:地階講堂
※定員200名(先着順)です。事前の申込みは不要です。 ※聴講無料です。

コンサート「フィンランドの調べ」
日時:2月27日(土)16:00~
演奏:渡辺 敦子(ピアノ)、松井洋美(朗読)
会場:1階ロビー
※無料です。事前の申込みは不要です。

ギャラリートーク
日時:2月19日、3月5日・19日(それぞれ金曜日) 11:00~
講師:広島県立美術館学芸員
会場:3階企画展示室内
※聴講無料です。但し、特別展入館券が必要です。

記念撮影コーナー
会場:3階企画展示室 入口付近
協力:おかざき世界子ども美術博物館

ムーミン展開期中、自由に座れる「ムーミンの椅子」があります。ご来場の記念に。
「北欧スタイル」コーナー
会場:3階ロビー
協力:株式会社クラージュプラス
ムーミン展開期中、洗練されたデザインの北欧家具などを展示・紹介しています。

DATA
会場広島県立美術館
会場URL

アクセス
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/accsess/index.html

会期2010年2月16日(火)~3月28日(日)
開館時間午前9時~午後5時(土曜日は午後7時まで)但し2月16日(火)は午前10時~ ※入館は閉館の30分
料金

一般1,000円(800円)/ペアチケット1,800円(1,500円) /中・高・大学生600円(400円) /小学生以下無料
※( )内は20名以上の団体

問合先

広島県立美術館
730-0014 広島市中区上幟町2-22
tel. 082-221-6246

主催

広島県立美術館、指定管理者イズミテクノ、広島ホームテレビ、中国新聞社

ホームページ

タンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館所蔵 ムーミン展ホームページ
http://www.moomin.co.jp/09exhibition.html

広島県立美術館ホームページ
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ