アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 中国・四国 > 猪熊弦一郎展「いのくまさん」

美術館展覧会

中国・四国

猪熊弦一郎展「いのくまさん」

会場:島根県立石見美術館 展示室D・C

会期:2019年7月13日(土)~9月1日(日)

猪熊弦一郎《題名不明》1987年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 © The MIMOCA Foundation

猪熊弦一郎《題名不明》1987年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 © The MIMOCA Foundation

猪熊弦一郎《顔、犬、鳥、》 1991年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation

猪熊弦一郎《顔、犬、鳥、》 1991年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵           ©The MIMOCA Foundation

絵本『いのくまさん』(小学館発行)は、画家・猪熊弦一郎(1902-1993)の作品の魅力を、こどもたちにもわかりやすく紹介した本です。本文は詩人の谷川俊太郎のシンプルかつ軽妙なタッチの言葉で綴られ、ページをめくっていくと、猪熊弦一郎の多彩で生命力にあふれた世界が広がります。この展覧会はこの絵本をもとに構成した、大人からこどもまで楽しめる展覧会です。猪熊弦一郎は香川県に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)の藤島武二教室で西洋画を学びました。1936年に小磯良平らと新制作派協会(現・新制作協会)を結成。東京、パリ、ニューヨーク、ハワイと拠点を移しながら、マティス、ピカソ、藤田嗣治、イサム・ノグチら様々な芸術家と交友を深め、彼らに刺激を受けつつ独自の画風のを追求しました。また制作活動は幅広く『小説新潮』の表紙絵を40年間描いたほか、三越の包装紙「華ひらく」のデザインや、JR上野駅中央コンコースの壁画《自由》の制作を担ったことでも知られています。この展覧会では、戦後の社会を彩ったデザインの仕事も併せて紹介します。「いのくまさん」が描いた魅力あふれる作品をめぐる旅をお楽しみください。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2019年7月29日(月)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場島根県立石見美術館 展示室D・C
会場URL

http://www.grandtoit.jp/access/

会期2019年7月13日(土)~9月1日(日)
休館日火曜日(8月13日は開館)
開館時間10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
料金

●企画展      
一般1,000円(800円)〈900円〉 、大学生 600円(450円)〈500円〉、小中高生 300円(250円)〈200円〉
●企画展・コレクション展セット
一般1,150円(920円)、大学生700円(530円)、小中高生300円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金、〈 〉内は前売り料金
※小中高生の学校利用は入場無料
※障害者手帳、被爆者健康手帳保持者およびその介助者は入場無料

問合先

島根県芸術文化センター 「グラントワ」
〒698-0022 島根県益田市有明町5-15
TEL(グラントワ代表): 0856-31-1860 FAX: 0856-31-1884

主催

島根県立石見美術館、しまね文化振興財団、読売新聞社、美術館連絡協議会、日本海テレビ
特別協力:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
後援:芸術文化とふれあう協議会
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜

ホームページ

http://www.grandtoit.jp/

カテゴリー:中国・四国

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ