アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 「岡本太郎×建築」展 ─衝突と協同のダイナミズム―

美術館展覧会

関東

「岡本太郎×建築」展 ─衝突と協同のダイナミズム―

会場:川崎市岡本太郎美術館

会期:2017年4月22日(土)~7月2日(日)

「岡本太郎×建築」展 ─衝突と協同のダイナミズム―

1964年、アジアで初めてのオリンピック開催にわきたつ東京。丹下健三の名作である国立屋内総合競技場(現・国立代々木競技場)は、吊り構造の屋根をもったダイナミックな美しい造形で、この祭典の象徴となった建築でした。岡本太郎はこの競技場のために、色鮮やかな陶板壁画のシリーズを制作しています。岡本にとって丹下健三とのコラボレーションは、1957年の旧東京都庁舎での壁画連作、東京オリンピック、そして1970年の日本万国博覧会での「大屋根」と「太陽の塔」へとつながっていく、高度経済成長期のまさに国家的プロジェクトというべき大舞台になりました。 壁画やモニュメントを数多くのこした岡本ですが、それらは親しく交流した建築家たちとの関係から生まれたものが少なくありません。丹下健三をはじめ、1930年代からの知己である坂倉準三や、アントニン・レーモンド、磯崎新といった建築家たちとの関わりや協同のなかで、岡本太郎の仕事は「美術」の枠を大きく超えて、豊かな広がりを獲得しえたのでしょう。本展は、日本が大きく飛躍をした時代、共に「伝統」と「創造」について議論し、都市と時代を見つめた岡本太郎と建築家たちの交流に焦点をあて、建築と美術の協同の一つのかたちについてご紹介いたします。

DATA
会場川崎市岡本太郎美術館
会場URL

http://www.taromuseum.jp/useguide/access.html

会期2017年4月22日(土)~7月2日(日)
休館日月曜日
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金

一般1,000円(800円)、高・大学生・65歳以上800円(640円)、中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金

問合先

川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898   FAX:044-900-9966

主催

川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

ホームページ

http://www.taromuseum.jp/

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ