アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 粋な古伊万里-江戸好みのうつわデザイン

美術館展覧会

関東

粋な古伊万里-江戸好みのうつわデザイン

会場:群馬県立館林美術館

会期:2018年1月20日(土) ~4月8日(日)

《色絵兎花唐草文大鉢》19 世紀後期 個人蔵 写真©Toyama Takayuki

《色絵兎花唐草文大鉢》19 世紀後期 個人蔵 写真©Toyama Takayuki

江戸時代の初め、現在の佐賀県有田において国内初の磁器が生み出されました。伊万里港から積み出されたことから「伊万里焼」と呼ばれます。
磁器はそれまでは中国と朝鮮からの希少な輸入品であり、伊万里焼も初期は大名や公家などの上流階級の間で用いられました。大きな転機は、17世紀中頃から18世紀初めにかけて、中国磁器のヨーロッパ向けの輸出が中断したことを契機に、オランダの東インド会社より注文を受けて大型の豪華な磁器を大量に輸出したことです。
技法の上でも釉薬の下に青で描く染付に加えて多色の色絵や金彩の技術が開発され、元禄時代には富裕な町人層が伊万里焼を享受するようになります。絵柄も中国陶磁に倣うものから、日本風のものも生み出されていきます。
江戸中期になると、上方を中心に栄えた華やかな町民文化である元禄文化の影響が江戸にも伝播し、さらに文化・文政時代を迎えると、上方に代わって江戸が文化都市としての成熟をむかえます。
この時代に、歌舞伎や人形浄瑠璃、浮世絵版画といった多くの娯楽が庶民の間に隆盛し、人々は「いき」な江戸文化を謳歌しました。また、屋台や旅籠、料亭も盛んとなり、伊万里焼もこれに応えて、それまでの絢爛豪華な作風とは異なる機知に富んだ形や絵柄を作り出していきます。
この展覧会では、初公開の伊万里焼のコレクションを、江戸時代前半の作品も含め、江戸時代後期の庶民に享受され、現代にも受け継がれたデザインをもつ食器の数々を中心に紹介しています。この機会に江戸時代と現代の暮らしをつなぐ伊万里焼の世界をご堪能ください。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年1月31日(水)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場群馬県立館林美術館
会場URL

http://www.gmat.pref.gunma.jp/access.html

会期2018年1月20日(土) ~4月8日(日)
休館日月曜日(ただし2月12日は開館)、2月13日(火)
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金

一般610円(480円)、大高生300円(240円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料

問合先

群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003
TEL.0276-72-8188 FAX.0276-72-8338

主催

群馬県立館林美術館

ホームページ

http://www.gmat.pref.gunma.jp/

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ