アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > エミール・ガレ 自然の蒐集

美術館展覧会

関東

エミール・ガレ 自然の蒐集

会場:ポーラ美術館

会期:2018年3月17日(土)~7月16日(月)

《ケシ文花器》1900年頃 ポーラ美術館蔵

《ケシ文花器》1900年頃 ポーラ美術館蔵

《クニダリア文花器》1904-1905年 ヤマザキマザック美術館蔵

《クニダリア文花器》1904-1905年 ヤマザキマザック美術館蔵

ポーラ美術館では、開館以来初となるエミール・ガレ(1846-1904)の展覧会が開催されます。フランス語で「新しい芸術」を意味する「アール・ヌーヴォー」が流行したのは、19世紀末のことです。自然の有機的な形態を着想源とした曲線をふんだんに用いたこの芸術様式において、ガレはガラス工芸の分野で第一人者として活躍しました。植物学や生物学をはじめとする博物学的な知識と卓越した技術を駆使して、傑出した芸術作品を次々と生み出したガレ。自然界に存在するさまざまなかたちを見つめ、植物や昆虫、動物、そして海の生物といった数多くのモティーフを意匠化したガレの芸術制作は、自然を蒐集するコレクターになぞらえることができるでしょう。とりわけ植物の研究に取り組んだガレは、植物や昆虫のすみかである「森」を生命の象徴として捉えていました。また、19世紀後半は海洋学が進展した時代であり、「海」の生態についての関心が一層高まりを見せます。「森」と「海」というふたつの主題は、ガレが晩年に傾倒した象徴主義の文学や芸術にも深く関わっていました。この展覧会では、初期から晩年までのガレの優品を辿りながら、芸術家の創造の源泉であった「自然」を、「森」と「海」というふたつの視点から紹介します。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年2月23日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場ポーラ美術館
会場URL

http://www.polamuseum.or.jp/info/access/

会期2018年3月17日(土)~7月16日(月)
休館日会期中無休
開館時間9:00~17:00(最終入館は16:30)
料金

大人1,800円(1,500円)、シニア割引(65歳以上)1,600円(1,500円)、大学・高校生1,300円(1,100円)、中学・小学生700円(500円)
※( )内は15名以上の団体料金
※ 料金はいずれも消費税込み。
※ 中・小学生の入館については、土曜日は無料です。
※ 中・小学生が授業の一環として観覧する場合、中・小学生および引率教員等の入館は無料です。

問合先

ポーラ美術館
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111

主催

公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
特別協力:東京大学総合研究博物館

ホームページ

http://www.polamuseum.or.jp/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ