アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 内藤 礼一明るい地上には あなたの姿が見える

美術館展覧会

関東

内藤 礼一明るい地上には あなたの姿が見える

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー

会期:2018年7月28日(土)~10月8日(月・祝)

ひと 2012年 ギャラリー小柳、東京 撮影:木奥惠三

ひと 2012年 ギャラリー小柳、東京 撮影:木奥惠三

無題 2009年(2008年-) 神奈川県立近代美術館 鎌倉、神奈川 撮影:畠山直哉

無題 2009年(2008年-) 神奈川県立近代美術館 鎌倉、神奈川 撮影:畠山直哉

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤 礼は、光、空気、風、水、重力といった無尽蔵な自然と、それらがもたらす色彩や音を受けとる私たち地上の生を、ひそやかな、それでいて確かな希望を放つかたちに昇華させた空間作品で、国内外より高い評価を得ています。また、内藤はこれまで、きんざ《このことを》(直島、2001年)、《母型》(豊島美術館、2010年)といった自然や建築空間と呼応するパーマネント作品を手がけ、またフランクフルトのカルメル会修道院(1997年)や東京都庭園美術館(2014年)といった歴史的な場所で展示を行ってきました。 
国内において2014年以来の個展、かつ過去最大規模となるこの展覧会では、光を自身の作品における根源のひとつとしてきた内藤が、はじめて自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出します。
内藤はあるとき、「地上の生の内にいる者(私)が、生の外に出て、他者の眼差しを持ち、生の内を眼差す無意識の働き」に気づき、「私たちは遠くから眼差され、慈悲を受けとっているのではないか」と感じるようになったといいます。この展覧会は、一日を通して移り変わる豊かな自然光のもと、地上に生きる私たちと死者、生まれ来る者、動植物、精霊との交歓の場として、また永続する自然の動きと私たちとを貫く連続性を可感化する空間として立ち現れることでしょう。

●この展覧会は、作家の展覧会主旨により、自然光のみの展示となります。そのため、9月1日より開館時間が通常の18時から17時閉場に変更となります(入場は16時半まで)。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年7月13日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場水戸芸術館現代美術ギャラリー
会場URL

https://www.arttowermito.or.jp/service/service01d.html

会期2018年7月28日(土)~10月8日(月・祝)
休館日月曜日 ※ただし9月17日、9月24日(月・祝)は開館、9月18日、9月25日(火)は休館
開館時間7月28日~ 8月31日:9:30~18:00 (入場時間は17:30まで)
9月1日~10月8日:9:30~17:00 (入場時間は16:30まで)
料金

一般900円(700円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※高校生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
(学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です)
※一年間有効フリーパス=「年間パス」2,000円
※学生とシニアための特別割引デー「First Friday」=学生証をお持ちの方と65歳~69歳の方は、毎月第一金曜日(8月3日、9月7日、10月5日)は100円でご覧いただけます。

問合先

水戸芸術館
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
TEL:029-227-8111(代)  FAX:029-227-8110(代)

主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団

ホームページ

https://www.arttowermito.or.jp/

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ