アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 夏のアート・コレクション(収蔵作品展)「明治150年記念 近代洋画の先駆者 浅井忠8 ―浅井忠と周辺作家たち―

美術館展覧会

関東

夏のアート・コレクション(収蔵作品展)「明治150年記念 近代洋画の先駆者 浅井忠8 ―浅井忠と周辺作家たち―

会場:千葉県立美術館 第3展示室

会期:2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休)

浅井忠《フォンテンブローの森》1901年 千葉県立美術館蔵

浅井忠《フォンテンブローの森》1901年 千葉県立美術館蔵

浅井忠《農婦》1902年 千葉県立美術館蔵

浅井忠《農婦》1902年 千葉県立美術館蔵

アート・コレクション(収蔵作品展)では、千葉県立美術館が所蔵する浅井忠の作品や資料を会期毎にテーマを設け紹介してきました。通算8期目となる今回のテーマは「浅井忠と周辺作家たち」です。浅井がフランスのグレー村を訪問していた時期に着目し、浅井の作品と関係資料を中心に、交流のあった周辺の画家、建築家、文学者の作品や資料を紹介します。
浅井は1900年から1902年にかけてフランスに滞在しており、その間グレー村を度々訪れました。画家として最高潮を迎えていたこの時期に描いた作品は、従来よりも明るく、どれも季節感溢れる魅力的なものです。最後のグレー村滞在はそれ以前よりも長く、秋から春にかけて約半年間に及びました。この間、絵画制作のみならず、仲間と句会を開くほか、旧友の紹介で陶器の絵付けを体験するなど充実した日々を過ごします。
この展覧会は「グレーでの活動」、「冬のバルビゾン」、陶芸家の「ブエとの別れ」など8つの区分で構成されています。冬の日に暖炉の側で描いた油彩による人物画、句会の記録をまとめた句集「寒月・水仙」、隣村の工房で絵付けした陶器の「絵皿」、友人に宛てた絵葉書などと併せてご鑑賞ください。

●同時開催:日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~千葉県赤十字奉仕団創設70周年

DATA
会場千葉県立美術館 第3展示室
会場URL

http://www2.chiba-muse.or.jp/www/ART/contents/1517402491924/index.html#point2

会期2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休)
休館日毎週月曜日(7月16日、9月17日、9月24日は開館し翌日休館)
開館時間9時~16時30分
料金

一般300円(240円)、高校・大学生150円(120円)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と保護者1名は無料
※日本赤十字社所蔵美術展と共通

問合先

千葉県立美術館
〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1 
TEL:043‐242‐8311

主催

千葉県立美術館

ホームページ

http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ