アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s

美術館展覧会

関東

時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s

会場:群馬県立館林美術館 展示室2~4

会期:2018年9月15日(土)~ 12月24日(月・振休)

井上長三郎《静物(骨と布)》1935年  板橋区立美術館蔵

井上長三郎《静物(骨と布)》1935年  板橋区立美術館蔵

芥川(間所)紗織《女》1955年 板橋区立美術館蔵

芥川(間所)紗織《女》1955年 板橋区立美術館蔵

板橋区立美術館は1979年の開館以来、「昭和の前衛美術」、とりわけ戦前に若い芸術家たちが集ったアトリエ村「池袋モンパルナス」に関する作品を中心に収集し、他に類を見ない優れたコレクションを形成してきました。同館の収蔵作品は、日本近代美術の流れを示すと同時に、生活と制作を懸命に両立させようとした作家たちの存在そのものを浮き彫りにしています。
関東大震災や金融恐慌、それに続くアジア・太平洋戦争、そして敗戦と占領――こうした時代において作家たちはどのような現実を抱え、何を描きとったのでしょうか。そしてまた、元号が移ろうとするいまこの時代を生きる私たちは、当時の作品とどのように対峙できるでしょうか。
この展覧会では、板橋区立美術館の全面的な協力のもと、70名以上の作家による多彩な作品を紹介します。「池袋モンパルナス」に居を構えた麻生三郎、寺田政明、松本竣介たちをはじめ、男性偏重の美術界で貪欲に制作を続けた芥川(間所)紗織、桂ゆきたち女性作家、さらに群馬県出身の福沢一郎、鶴岡政男の作品など約130点が一堂に会します。また、軍用機生産を担っていた中島飛行機の記録類や、戦意高揚を目的とする双六、紙芝居など、県内の博物館・資料館が所蔵する同時代の貴重な資料もあわせて展示します。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年9月26日(水)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場群馬県立館林美術館 展示室2~4
会場URL

http://www.gmat.pref.gunma.jp/access.html

会期2018年9月15日(土)~ 12月24日(月・振休)
休館日月曜日(ただし9月17日、9月24日、10月8日、12月24日は開館)、9月18日、9月25日、10月9日(いずれも火曜日)
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金

一般 820円(650円)、大高生 410円(320円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
※群馬県民の日(10月28日)は無料

問合先

群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003
TEL:0276-72-8188  FAX:0276-72-8338

主催

群馬県立館林美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
特別協力:板橋区立美術館

ホームページ

http://www.gmat.pref.gunma.jp/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ